オリックス完敗でマジック点灯はお預け...中嶋監督「明日をどう戦うか」

オリックス完敗でマジック点灯はお預け...中嶋監督「明日をどう戦うか」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/10/14
No image

オリックス・山﨑福也投手<写真=北野正樹>

◆ 3連勝中の山﨑福が3回途中KOの誤算

オリックスは先発の山﨑福也が3回途中5失点で降板となり、試合にも2-8で敗戦。目前に迫っていたマジック点灯はまたしても明日に持ち越しとなった。

山﨑福は初回、荻野貴司と中村奨吾の連打とマーティンの一ゴロで一死二、三塁のピンチを背負い、レアードの右安打で失点。ここは最小失点で切り抜けたものの、3回に二死一塁からレアード、エチェバリア、山口航輝、藤岡裕大に4連打を許して4点差となったところで降板。急遽マウンドに上がったK-鈴木も連続四球で失点し、3回で5点のビハインドを背負う展開となる。

その後も5回に二死からの連続長短打で失点。9回にも4番手の能見篤史が3連続長短打で2点を失った。一方の打線は、ロッテの先発・石川歩を捉えることができず、9回二死から杉本裕太郎の31号2ランで一矢報いるのがやっと。マジック点灯は14日以降に持ち越されるとともに、14日の試合が引き分け以下の結果に終わると、今度はロッテにマジックが点灯する展開となった。

試合後、中嶋監督は「結果論ですから。やられたものはやられた。だから明日。振り返ってどうのこうのではなく、反省すべきところは反省して、前向いていくしかない。改善点はあると思うので、それは皆んなで考えていけばいいこと。明日をどう戦うかしか考えてないので、それだけです!」と、次戦を見据えた。

14日は、勝ったチームにマジックが点灯する最終決戦。オリックスは若き左腕エースに、すべてを託す。

取材・文=どら増田

【動画】明日につなぐラオウの一発!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加