“原油価格”の高騰続く 花角知事「既存の支援策活用を」 必要があれば対策検討へ【新潟】

“原油価格”の高騰続く 花角知事「既存の支援策活用を」 必要があれば対策検討へ【新潟】

  • 新潟ニュースNST
  • 更新日:2021/11/25
No image

NST新潟総合テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

原油価格の高騰が続くなか、燃油を多く使う農業・漁業関係者などへの新潟県としての支援について、花角知事は既存の支援策を活用していく考えを示しました。

岸田首相は24日、石油価格の安定に向けて、石油の国家備蓄の余剰分を市場に放出することを決めたと発表しました。

花角知事は25日の会見で、県として新たな支援策を取るか問われ、既存の支援制度を活用してもらったうえで、必要があれば対策を検討する考えを示しました。

【花角知事】

「企業の資金繰り支援という意味では、セーフティーネットの制度もある。(既存の支援策で)多くの場合は足りると思っていますけど、状況はしっかり見ていく」

花角知事は園芸農家や漁業関係者などには、燃油価格が上がったときの国の支援制度を紹介したり、燃料を節約する技術指導を行ったりすると話しました。

また、生活困窮世帯への灯油代の補助については、市町村を通じた既存の支援を要件を満たせば行うほか、追加の支援が必要か注視していくとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加