米ベテラン女優、オスカー初ノミネートを知り「愕然」 パジャマ姿で喜ぶ感動の瞬間をシェア

米ベテラン女優、オスカー初ノミネートを知り「愕然」 パジャマ姿で喜ぶ感動の瞬間をシェア

  • クランクイン!
  • 更新日:2023/01/25
No image

オスカー初候補入りを果たしたジェイミー・リー・カーティス <画像をもっとみる>

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』に出演し、アカデミー賞助演女優賞に初ノミネートを果たしたジェイミー・リー・カーティスが、候補入りを知った感動の瞬間をインスタグラムでシェアした。

【写真】パジャマ姿で喜び! ジェイミー・リー・カーティス、オスカーノミネートを知った感動の瞬間

ジェイミーは、1978年に公開された『ハロウィン』で映画デビュー。アーノルド・シュワルツェネッガーと共演し大ヒットした『トゥルーライズ』ではゴールデン・グローブ賞最優秀主演女優賞を受賞したほか、『大逆転』『ワンダとダイヤと優しい奴ら』などに出演。近年は『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』への出演や、続編として再始動した「ハロウィン」シリーズが好調。また、加齢へのプレッシャーから美容整形を何度も受けた自身の経験を語り、女性が若く見えることを奨励する文化を批判するなど、ベテラン女優としての意見は注目を集めている。

長いキャリアを誇る彼女だが、今回ついに、初のオスカー候補入りを果たした。これを受けて、ジェイミーは自身のインスタグラムにノミネート発表の瞬間を捉えた写真を投稿。「これこそサプライズの瞬間よ!」と、パジャマ姿で喜ぶ感動の様子をシェアした。

「私の一番古い友達の一人デボラ・オッペンハイマーが朝の5時15分にやってきて、ノミネート発表を一緒に見ようか、と言ってくれました。デボラ・オッペンハイマーは、彼女のお母さんが参加したキンダートランスポート(ユダヤ人の子どもたちを救うプロジェクト)を描いた美しいドキュメンタリー『ホロコースト 救出された子供たち』で、オスカーを獲得しています」。

「彼女がオスカーを受賞した年、授賞式に向かう日に私が隣にいたように、彼女は私と一緒に座り、手をつないでくれました。彼女が写真を撮っていたことにも気がつきませんでした。最初に私の名前が聞こえ、次に友人ステファニー・スーの名前、そして他のノミネーションが耳に入りました。そして何より、夫からの温かいハグを受けたことが最高でした。フィルターなし、偽りなし、友人の手によって撮影された、喜びの瞬間です」と語った。

またジェイミーは、アカデミー賞で撮影された両親、トニー・カーティスとジャネット・リーの写真を投稿し、「(オスカーの候補入りは)夢にも思っていませんでした。いつも部外者として外から眺めている気分でしたが、自分に与えられたすべての機会には常に感謝しています。才能あるアーティストたちが関わり、多くの賞賛を受けたこの美しい映画の一部になれたことは、私の職業人生のハイライトです」とコメント。

続けて、「この映画は移民の家族と彼らの生涯にわたる奮闘を描いていますが、私はすぐにハンガリーとデンマークからの移民の子どもである両親のことが頭をよぎりました。今朝、娘と孫娘がアカデミー賞にノミネートされたと聞いたら、彼らとその両親はどう感じるのか、想像することしかできません」と綴り、「私は愕然とするとともに、謙虚な思いです。我々の小さな映画が今日ノミネートを果たし、快進撃を続けることに興奮しています」と記した。出演した『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』は、今年の賞レースを大いに賑わせており、アカデミー賞では見事最多の10部門11ノミネートを獲得している。

引用:「ジェイミー・リー・カーティス」インスタグラム(@jamieleecurtis)

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加