「鬼灯の冷徹」と「きみを死なせないための物語」が星雲賞を受賞

「鬼灯の冷徹」と「きみを死なせないための物語」が星雲賞を受賞

  • コミックナタリー
  • 更新日:2021/07/21

「2021年 第52回星雲賞」にて、江口夏実「鬼灯の冷徹」と吟鳥子「きみを死なせないための物語(ストーリア)」がコミック部門を受賞した。

No image

「鬼灯の冷徹」1巻

すべての画像を見る(全2件)

「鬼灯の冷徹」は広大な地獄を舞台に、閻魔大王の第一補佐官・鬼灯をはじめとする地獄の面々の楽しい日々を描くコメディ。モーニング(講談社)で2011年から2020年にかけて発表され、単行本は全31巻が発売されている。一方の「きみを死なせないための物語」は人類が地球に住めなくなった未来を舞台にした物語。成長が遅く寿命の長い“ネオテニイ”と呼ばれる新人類で、宇宙に浮かぶ居住施設・コクーンで暮らす幼なじみ4人組の数奇な運命が展開された。月刊ミステリーボニータ(秋田書店)で2016年から2021年にかけて連載され、番外編が収録される最終9巻が8月16日に刊行される。

1970年に創設された星雲賞は、日本でもっとも長い歴史を誇るSF賞。前年度に発表されたSF作品およびSF活動を対象に、「日本SF大会」参加者の投票により受賞作品が決定する。なお部門は日本長編部門、海外長編部門、日本短編部門、海外短編部門、メディア部門、コミック部門、アート部門、ノンフィクション部門、自由部門の9つ。

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加