ベーシックなのに「普通じゃない」!  重ね着の6つの新解釈

ベーシックなのに「普通じゃない」! 重ね着の6つの新解釈

  • SPUR
  • 更新日:2022/11/25

レイヤリングが楽しい季節。一つひとつのアイテムは「定番」でも自由な発想で組み合わせれば、世にもモードな"NEW LOOK"が完成する。そこで、ギミックをきかせたスタイリングを提案。ルールや常識を捨て去って、まったく新しい装いで出かけよう!

No image

コート¥609,400・パンツ¥107,800(参考価格)/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエベ) ニットベスト¥132,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) シャツ¥36,300/pillings タートルネックニット¥44,000/TOMORROWLAND 渋谷本店(トゥモローランド ビー) ピアス¥75,900/イザ(パトゥ) ネクタイ¥14,300/ダイリク バッグ「キーポル・バンドリエール 60」¥319,000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

1. コート、ベスト、シャツ。大きいものは大きいものと

あえてバランスを取らず小物までビッグサイズで統一する過剰さが『アニー・ホール』(’77)風ルックを新鮮に見せる。印象を引き締めるネクタイが重ね着のキーアイテム。

No image

コート 各¥324,500(予定価格)/バーバリー・ジャパン(バーバリー) パンツ¥12,100/サスティナブル ケイスリー(gina tricot) 帽子¥38,500/THE WALL SHOWROOM(ハルノブムラタ) ネクタイ(メンズ)¥19,800/コロネット(ブリューワー) グローブ¥25,300/ユナイテッドアローズ 原宿本店(ロエフ) 靴¥107,800/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) ソックス/スタイリスト私物

2.「コート」の枠を飛び越えたトレンチコートの行く末

定番中の定番、バーバリーのトレンチをサイズ違いで重ねる。シャツのように素肌の上に着てみたら見知った服も初対面のよう。

No image

ジャケット¥365,200・タンクトップ¥63,800(参考価格)・パンツ¥177,100/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) ベスト¥39,600/エイチ ビューティ&ユース スカート¥39,600/ユナイテッドアローズ 原宿本店(ロエフ) 帽子(メンズ)¥13,750/時谷堂百貨(エロセギ) ネックレス¥74,800(参考価格)/アオイ(ファビアナフィリッピ) ソックス¥2,200/スティーブン アラン シンジュク(スティーブン アラン) 靴¥97,900/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

3.ジャケット&パンツのセットアップに、ベストとスカートも欲張って

フォーマルなグレーのセットアップを、ふたつ同時に着たかのようなスタイリングが懐かしくて新しい。ジャケットの上にベストという意表を突く順番も肝心。大ぶりなベレー帽とフェザーネックレスで80年代のグラムな風をなびかせて。

No image

ワンピース¥162,800・ネクタイ¥27,500・ネクタイを留めたブローチ¥29,700(参考価格)/マックスマーラ ジャパン(スポーツマックス) ブラウス(白・黒ともに)各¥56,100/コム デ ギャルソン(ノワール ケイ ニノミヤ)

4.センシュアルなドレスは素肌に着ない

男装と女装のあわいに位置するような、どこかフェティッシュなレイヤード。ベアワンピースの下に、同じブラウスを色違いで重ね、レザーネクタイを締めれば、驚きと奥行きを宿したコーディネートに。若かりし頃のアニー・レノックスへの憧憬を込めた、ストイックな雰囲気が漂うモノトーンルック。

No image

ボウタイトップス¥231,000・スカート¥151,800(ともに予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ) ポロシャツ¥15,400/ラコステお客様センター(ラコステ) ジャージトップス¥10,989・スニーカー¥14,300/アディダスお客様窓口(アディダス) パンツ¥97,900/イザ(ニナ リッチ) ネックレス(短)¥165,000・(長)¥99,000/エイチ ビューティ&ユース(プリーク)

5.スポーツミックスが今っぽさを演出する万能薬

スポーツウェアの下にそれとは正反対のイメージのボウタイトップスを。意外性があるほどスタイリングは面白くなるもの。オーセンティックなジャージで、ストリートファッションの源流に思いを馳せて。

No image

スカーフ〝トライアングル ジェアン カシミアシルク"¥112,200/エルメスジャポン(エルメス) キャップ¥4,180/ニューエラ レザージャケット¥717,200・シャツ¥95,700・ブローチ¥67,100/マルニ ジャパン クライアントサービス(マルニ) ネクタイ¥13,200/ダイリク

6.真逆なものの化学反応を楽しむ、顔まわりの重なり

スカーフといえばエルメス。キャップといえばニューエラ。では、そのふたつをレイヤードしてみたら? エレガントとカジュアル、相反する背景を持ったふたつの掛け合わせで、お互いの持つ定型を崩し合い、予定調和ではないスタイルを形作る。「スウィート・ドリームス」と題され、鱗を持った空想上の獣がダイナミックに描かれたスカーフは、94×188㎝の三角形で顔まわりに巻くのにぴったり。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加