【切ない】孫に相手にされなくなった義母に、嫁が差し伸べた救いの手とは?『姑とヨメのツッコミ上等!』

【切ない】孫に相手にされなくなった義母に、嫁が差し伸べた救いの手とは?『姑とヨメのツッコミ上等!』

  • マイナビ子育て
  • 更新日:2021/05/03

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回はちょっと切ないボスのお話です。

<<連載『姑とヨメのツッコミ上等!』を最初から読む>>

ちょっとさみしそうなボス、どうしたの?

No image
No image
No image
No image
No image

祖母離れを感じさせる孫からのレスに、なんだかちょっぴり切なさを感じるエピソードでした。でも、ゆいさんがすかさずフォローしたことで、ボスもちょっぴり救われたのではないでしょうか? ボス、オニヨメに遊んでもらえてよかったですね!

ちなみに、ゆいさんによると「ボスのLINE、孫たちがスタンプをダウンロードしたり、写メの撮り方を教えたりして、使えるようになりました。たまに『変な音、鳴ったー!』とビックリしてます」との裏情報が。想像すると、ボスかわいい♪

次回は、5/7(金)更新予定です。お楽しみに!

(漫画:多喜ゆい/文:マイナビ子育て編集部)

<<連載『姑とヨメのツッコミ上等!』を最初から読む>>

多喜ゆいさんのプロフィール

神戸育ち。結婚して、奈良の田舎にある夫の実家の土地で暮らすことに。
中高生の娘姉妹2人と夫に加え、敷地内で姑とも同居しているイラストレーター。

HP「多喜ゆいillustrations」
Instagram@takiyui

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加