【阪神】高寺望夢がプロ初ヒーローインタビュー「家族に渡したい」プロ初安打記念球はだれに

【阪神】高寺望夢がプロ初ヒーローインタビュー「家族に渡したい」プロ初安打記念球はだれに

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/09/23
No image

広島対阪神 4回表阪神1死一塁、右翼線へプロ初安打となる適時二塁打を放つ高寺(撮影・前田充)

<広島3-7阪神>◇23日◇マツダスタジアム

阪神2年目の高寺望夢内野手(19)が記念すべきプロ初安打を放った。

3点リードの4回1死一塁、2ストライクと追い込まれてから広島遠藤の高めに浮いた129キロを捉えた。打球は右翼右へ。一塁走者梅野が一気に生還し適時二塁打でプロ初打点もマークした。

試合後にはプロ初のヒーローインタビューに応じた。「まず1本打ててほっとしています」と安堵(あんど)した様子。「え~、なんとかチームの勝利に貢献できるようにやりました」と初々しい表情も見せた。

安打の感触を問われると「そうですね、感触、よかったです!」とシンプルな回答。「あの打球でかえっていただいたので梅野さんに感謝したいと思います」と一塁走者の先輩に頭を下げた。

ベンチでは「先輩方にナイスバッティンって言ってもらえました」。記念のボールは「家族に渡したいと思います」と言った。

チームの正念場で輝いた19歳は「2年目の高寺です! チームの勝利に貢献できるように頑張ります! 応援よろしくお願いします」と締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加