ヒカル、ネット記事による印象操作に苦言 「悪意しかない」

ヒカル、ネット記事による印象操作に苦言 「悪意しかない」

  • fumumu
  • 更新日:2022/08/06
No image

5日、人気ユーチューバーのヒカルさんが自身のツイッターを更新。

ネット記事による印象操作に苦言を呈しました。

■「印象操作えぐい」と苦言

4日、ヒカルさんは自身のツイキャスの生放送で、2日に放送された『めざまし8』(フジテレビ系)での俳優・谷原章介さんの自身に対する発言に私見を述べていました。

このことをネット記事では、ヒカルさんが「ネタにして稼いどる“お前も一緒”」と発言したと切り抜き。これに対してヒカルさんは「この記事怖いくらい悪意しかない」と批判。

また、「そもそもキャスというかなりの閉鎖した場所での発言をめちゃくちゃ過激に切り抜いてて絶対そんな過激なニュアンスで俺は話してない お前ってのも谷原さん個人を指した言い方はしてなかったしキャス聞いてた人なら分かるけど印象操作えぐい」と苦言を呈しました。

関連記事:ヒカル、宮迫博之とはビジネス上の関係? 視聴者の声に言及「最初は…」

■「耐えるしかない有名人は本当に可哀想」

さらにヒカルさんは「メディアの悪意しかない印象操作をされたときに俺は好き勝手反論できるからまだ良いとしてもブランディング的に言われっぱなしで耐えるしかない有名人は本当に可哀想で仕方ない」と私見を綴ります。

そして「ふざけんな! って想いをサブチャンネルでぶちまけてこのマイナスをプラスに変えるしかないか移動中撮ろう」とコメントしました。

■「全然ニュアンス違う」「キャスがなくなったら困る」

今回の投稿に実際のキャスを聞いていたファンからは「キャス聞いてたけど、ヒカルさんこんなニュアンスでは話してなかった。。。この記事を書いた人はキャスを聴き直して欲しい。。。」「キャス聞いてたけど全然ニュアンス違うよね 前後の流れもなくその部分だけが活字になると悪いイメージになっちゃうよ」などの意見が。

また、ヒカルさんのキャスを楽しみにしているファンからは「キャスはヒカルさんとリアルタイムで繋がれる大切な場所だから記事にしないでほしい…ヒカルさんがキャスで色んな事を自由に話してくれるのが魅力なんだもん」「聖地のキャスがなくなったら困る」という訴えが寄せられています。

・合わせて読みたい→ヒカル、宮迫博之への『激怒事件』報道を否定 「なんですかこのでっち上げ」

(文/fumumu編集部・丸井 ねこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加