FAV gaming、eスポーツプレイヤー向け機械学習システム導入

FAV gaming、eスポーツプレイヤー向け機械学習システム導入

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/09/15
No image

KADOKAWA Game Linkageが運営するプロゲーミングチーム「FAV gaming(ファブゲーミング)」は、eスポーツプレイヤー向け機械学習システムを開発する。

必要なのは地道な継続。プロゲーマー・ウメハラが初心者向け大会「Beast Cup」で目指すこと

機械学習システムは、Amazon Web Services(AWS)が提供するクラウドサービスを、日本で初めてeスポーツプレイヤー向けに活用するもの。AWSを活用したデータサイエンティストの専門家チーム・「Amazon Machine Learning Solutions Lab」より技術支援を受けて開発する。

取り組みでは、数千時間ものプレイ映像を機械学習モデルで解析し、選手の癖や特徴、傾向などを客観的に抽出。これにより、選手個々のスキル評価を正確に把握することができ、コーチングや戦術立案に活かすことが可能になるという。FAV gamingでは第一弾として「VALORANT 部門」へ導入。チームパフォーマンスの最大化を図る。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加