中村江里子「23年前の」CELINEセーターでお迎えコーデ...「お手本にしたい」「素敵」

中村江里子「23年前の」CELINEセーターでお迎えコーデ...「お手本にしたい」「素敵」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/01/12
No image

中村江里子

パリ在住のフリーアナウンサー・中村江里子が12日夜(日本時間)、インスタグラムを更新。23年愛用しているCELINE(セリーヌ)のセーター姿を披露した。

「次女のお迎えスタイル」として、「23年前のCeline」という霜降りグレーのタートルニットに白いコート、プラダの黒いブーツに紺のコートを合わせた上品で可愛らしさもあるパリらしいスタイルを披露。オフホワイトのキャンバス地に持ち手などが赤、紺色で「E」とイニシャルが入ったトートバッグを手にしており、トリコロールカラーのコーデも完成した。

ロックダウンとなった昨年の11月から「意識して始めた事」として、「30歳から仕事以外では塗らなくなっていたファンデーションを毎日使い始めました」と告白。「一日中家にいたり、外出は子ども達の送迎や買い出しだけですが、おしゃれをする!!マスクで顔隠れていますが…コート着ちゃうし、人に会う訳ではないけれども…こんな何でもない事だけれども、本当に気持ちが変わる」と明かした。

中村は「近くまた更に規制が強まるでしょう…でも毎日“きちんと”する事で、何となく楽しくなるなら続けようと思います」と前向きにつづっている。

この投稿に「23年前の物持ちの良さも素晴らしい。けれど、それを着こなせるスタイルの維持も素晴らしい」「本当に素敵ですね」「お手本にしたいです」などの声が寄せられている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加