アドビと大日本印刷、協業してコンテンツ制作の効率化支援へ

アドビと大日本印刷、協業してコンテンツ制作の効率化支援へ

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/02/22
No image

アドビと大日本印刷(DNP)は2月19日、コンテンツ制作の業務効率化支援サービスの開発で協業したと発表した。

企業のマーケティングにおける紙メディア・ウェブメディア・アプリなどに使うテキスト・画像・動画といったアセット(情報資産)を一元管理し、コンテンツ制作からPDCAの運用を一貫して支援するもの。大日本印刷グループ会社で企業の総合的なマーケティング施策を支援するDNPコミュニケーションデザイン(DCD)では、2019年にアドビのデジタルアセット管理「Adobe Experience Manager Assets」を導入し、各種アセットをいつでも有効活用できるように一元管理して制作業務の効率化を進め、従来の制作工程の時間を25%短縮したほか、業務効率化やパーソナライズしたコンテンツ提供のノウハウを培ってきたという。

新たにDNPとDCDの強みである各種コンテンツの企画・制作ノウハウとAdobe Experience Manager Assetsの活用ノウハウを掛け合わせて、アセットの管理・運用から各種コンテンツ制作までを一貫して支援し、顧客体験を最大化するサービスを開発。アセットの一元管理と制作のワークフロー改革による負荷軽減、パーソナライズしたコンテンツを配信、アセットの効果分析と改善を支援といったサービスを提供する。

■関連サイト

ニュースリリース

大日本印刷

アドビ

ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加