【鹿島0-2広島】川村拓夢がJ1初ゴール「とにかく嬉しかった」。アントラーズ、リーグ5戦勝利なし

【鹿島0-2広島】川村拓夢がJ1初ゴール「とにかく嬉しかった」。アントラーズ、リーグ5戦勝利なし

  • サカノワ
  • 更新日:2022/08/06
No image

エゼキエウ。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

エゼキエウがトドメ。2ゴールとも交代選手がもたらす。

[J1 24節] 鹿島 0-2 広島/2022年8月6日18:00/カシマサッカースタジアム

J1リーグ24節、サンフレッチェ広島が川村拓夢のリーグ初ゴール、エゼキエウのトドメの一撃で、鹿島アントラーズに2-0の勝利を収めた。いずれもリーグ4試合勝ち星がなかったチーム同士の対戦で、アウェーチームが快勝を収めた。

前半は両チームともに5本ずつシュートを放ち、それぞれチャンスを作り出すもののゴールならず。しかし後半、ホームチームの強度が下がってくると、フレッシュな選手を投入するアウェーチームが次第に主導権を握る。

すると84分、交代1分後の川村が同じく途中出場の野上結貴の右クロスを押し込み先制。さらに90+5分、交代出場のエゼキエウがカウンターから決めて、試合を決定づけた。

川村は試合後のフラッシュインタビューで、「何も考えられないです。とにかく嬉しかったです。ここ最近チャンスをもらっても監督の期待に応えられずにいたので、チームがキツイなか、自分が絶対に決めてやるんだと思ってピッチに立ちました。(次戦のルヴァンカップ横浜F・マリノス準々決勝第2戦へ)チームは2連勝していい流れに乗っているので、次も勝ちたいです」と喜びを語った。

【注目記事】
【J1 人件費ランキング】3位柏、2位川崎、1位神戸…それでも前年比13億円マイナス。浦和は!?【完全版】

【G大阪】ファン・アラーノが加入記者会見「逆境は好き」「ビッグクラブをもう一度立ち上がらせる力に」。鹿島での2年半についても語る「苦しいなか、みんなで戦い、一緒に生活をしてきました」

【鹿島】エレケを完全移籍で獲得、背番号は…。ナイジェリア人の190㎝大型ストライカー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加