県内の不登校の小中学生は3800人・8年連続で最多を更新 長野

県内の不登校の小中学生は3800人・8年連続で最多を更新 長野

  • SBCニュース
  • 更新日:2021/10/14
No image

県内の不登校の小中学生は3800人・8年連続で最多を更新 長野

県内の小中学校で昨年度、不登校となった児童・生徒はおよそ3800人で、8年連続で増加し、これまでで最も多くなりました。
県教育委員会がまとめたもので、昨年度、県内の小中学校で30日以上欠席し、不登校となった児童・生徒は、小学校で1365人、中学校で2437人でした。
小中学校合わせて3802人で前の年度に比べ7.1%増え、2013年度以降8年連続で増加し、これまでで最も多くなりました。
また、昨年度不登校とは別に新型コロナウイルスの感染を防ぐ目的で小学生246人、中学生141人が30日以上欠席していたことも分かりました。

mosa

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加