【オリックス】野口智哉が代打でプロ1号「なんとか今年中にはと思っていたのでよかった」

【オリックス】野口智哉が代打でプロ1号「なんとか今年中にはと思っていたのでよかった」

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/09/22
No image

オリックス対ロッテ 7回裏オリックス無死二塁、右越えにプロ初本塁打を放つ野口(撮影・和賀正仁)

<オリックス-ロッテ>◇22日◇京セラドーム大阪

オリックスのドラフト2位、野口智哉内野手(23)が、代打でプロ1号を放った。1-10で迎えた7回無死二塁で代打起用され、ロッテ唐川のカットボールを右翼ポール際にたたき込んだ。「いい感触で打つことができました! ファームでは長打も出るようになってきていましたし、なんとか今年中には打ちたいと思っていたので、1本出てくれてよかったです」。ホームランボールを拾った少年ファンが、グラウンドに返してくれた。優勝を争う中で、チームにとっても野口にとっても大事な1号になった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加