「火星に行く」ほどじゃない ブレイディが将来のGS制覇に手応え

「火星に行く」ほどじゃない ブレイディが将来のGS制覇に手応え

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/02/21
No image

全豪オープンテニス、女子シングルス決勝。準優勝のインタビューに応じるジェニファー・ブレイディ(2021年2月20日撮影)。

【AFP=時事】20日に行われた全豪オープンテニス女子シングルス決勝で、大坂なおみに敗れたジェニファー・ブレイディ(米国)が、初優勝を逃した四大大会(グランドスラム)決勝は少し前まで「火星に行く」ほど現実味のない目標だったが、今は優勝も不可能ではないように感じると話した。

初めてのグランドスラム決勝で大坂にストレートで敗れはしたものの、ブレイディは「自分ではこのレベルに達していると思う。グランドスラム優勝は間違いなく実現可能。手の届くところにある」と話した。

「もちろん、緊張があって思い通りにはいかなかったが、同時にコートを離れるときには、あそこにいることが少し普通に感じていた」

「1年前に聞かれていたら、あり得ないと思ったり、火星に行くみたいなものだと感じたりしたかもしれない」

2020年の新型コロナウイルスの感染拡大によるシーズン中断が明けて以降、ブレイディはキャリア最高の時期を過ごしており、ツアー初優勝を飾ると、こちらも大坂に敗れはしたが全米オープンテニスでベスト4に入った。

そして今回は、オーストラリア到着後に14日間の完全隔離を強いられ、ホテルの部屋を全く出られず、他の選手と同じように外での練習ができない中で決勝に進出した。

ブレイディは「自分にとって初めての決勝だったし、隔離がなかったら勝てていたかもしれない」と言って笑い、試合に対して「複雑な思い」があると明かした。

「ここまで来られた自分とチームをすごく誇りに思う。みんなでここへ来て、初めてグランドスラム決勝に進出できた」

「だけど優勝ではなく、準優勝で大会を去ることになったのは少し悲しい」【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加