INI藤牧京介が歌えば"激ダサ歌詞"でも名曲じゃん! 芸人作詞ラブソング歌唱にファン「全オタクを沸かせた」「世界救える」

INI藤牧京介が歌えば"激ダサ歌詞"でも名曲じゃん! 芸人作詞ラブソング歌唱にファン「全オタクを沸かせた」「世界救える」

  • トレンドニュース
  • 更新日:2022/06/23

グローバルボーイズグループ・INIの藤牧京介が、芸人たちが作詞したラブソングを歌唱した。「セブンスター」「●●じゃん」といったフレーズや、突然セリフが入るクセのある歌詞をスイートボイスで歌い上げて、ファンを「京ちゃんが歌うと全部名曲じゃん」と歓喜させた。

No image

火曜は全力!華大さんと千鳥くん #53 錦鯉参戦!ラブソング作詞対決!INI藤牧熱唱

世界が救えるレベルで尊い......。INI藤牧京介が恥ずかしそうに「もー!」と言う謎楽曲『じゃん』の歌唱シーンは動画17分50秒頃から! 芸人たちの"激ダサ歌詞"に笑い、藤牧の美声にときめいて大忙し!? >>

6月21日に放送されたカンテレ・フジテレビ系『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』では、「30代40代女性30人が選ぶ、大人のラブソング 刺さったのは誰の歌詞?ランキング」が発表された。この企画は、共通のメロディに合わせて千鳥や博多大吉(博多華丸・大吉)、山内健司(かまいたち)、錦鯉が事前に作詞したラブソングを街頭アンケートで発表し、順位を競うものだ。芸人たちが作詞した楽曲の歌唱を、INIの中でも歌唱力の高さに定評がある藤牧京介が担当した。

芸人たちはそれぞれ個性を発揮しており、大悟は「セブンスターを『セッター』と呼ぶ女」という歌詞を書いてスタジオを笑わせた。山内も「高校生みたいじゃん」「恥ずかしいじゃん」など、「●●じゃん」というフレーズを多用し、さらに「もー!」と、セリフのような歌詞も加え、スタジオ一同から「恐ろしくダサい!」とツッコまれた。しかし、さすがプロなだけあり、藤牧の声を通すことで、独特の歌詞はどれも甘く切ないラブソングへと変わった。彼の美声に、芸人たちは「完璧に歌ってくれてる!」「うま......!」と大満足だった。

甘い歌声と高い表現力で、クセのある歌詞を「名曲」に変えた藤牧を、多くのファンが称賛している。Twitter上では「京ちゃんの声が心に刺さりすぎて歌詞が入ってこない」「京ちゃんが歌うと全部名曲じゃん」「声がいいし顔がいいなあ」といった声が続出した。中でも、スタジオでは不評だった山内作詞の『じゃん』が藤牧ファンには好評だ。「かわいい『もー!』で全オタクを沸かせた藤牧京介はやっぱり天才アイドル」「恥ずかしそうに『もー!』って言ったあの顔一生忘れない」「藤牧の『もー!』で世界救える」といった声で盛り上がっている。

世界が救えるレベルで尊い......。INI藤牧京介が恥ずかしそうに「もー!」と言う謎楽曲『じゃん』の歌唱シーンは動画17分50秒頃から! 芸人たちの"激ダサ歌詞"に笑い、藤牧の美声にときめいて大忙し!? >>

(文/藤原利絵@HEW

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加