元モー娘。新垣里沙が所属事務所との契約終了「1人になって頑張りたい」

元モー娘。新垣里沙が所属事務所との契約終了「1人になって頑張りたい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/08/01
No image

新垣里沙

元モーニング娘。の女優・新垣里沙(31)が、7月31日をもって所属事務所「ジェイピィールーム株式会社」との専属マネジメント契約を終了したことを、同事務所が1日、公式サイトで発表した。

同事務所は「2001年のオーディション合格よりモーニング娘。のメンバーとして加入して以来、約20年間アップフロントグループに在籍し活動してまいりましたが、今後の活動に関して本人と話し合いを重ねた結果、弊社との専属マネージメント契約を円満に終了する結論へと至りました」と説明。

新垣の今後について「これからも大好きな演劇の道を邁進してまいります」としている。

新垣もこの日、公式ブログで「私、新垣里沙は2020年7月31日付でジェイピィールーム株式会社を退社致しました」と報告。

「30歳を過ぎたころ、自分の中でこれからの自分の在り方、生き方を考えるようになりました。その考えの中で、1人になって挑戦をやめず、頑張りたい。という気持ちが芽生えるようになり、数年かけ、じっくり考え、意志が固まった時に事務所の方にお話させていただき、このような運びとなりました」と理由を説明した。

新垣は20年間、所属した事務所やモー娘。プロデューサーだったつんく♂、先輩や同期や後輩、ファンに感謝。

「この経験と想いを胸に、つんく♂さんにも、メンバーの皆さんにも、『おっ。新垣やってるねー!いいねー!!』と思っていただけるような活動ができるよう精進してまいります」、「これからも、皆さん(編集注・ファン)をワクワクさせられるような、活動をしていきたいと思っています」と、今後の抱負を述べている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加