ロッテ・佐々木朗、プロ初被弾 ヤクルト主砲・村上に151キロ直球打たれた

ロッテ・佐々木朗、プロ初被弾 ヤクルト主砲・村上に151キロ直球打たれた

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

◇交流戦 ロッテーヤクルト(2021年6月10日 ZOZOマリン)

No image

<ロ・ヤ>2回無死、村上に右越えソロを打たれる佐々木朗(撮影・沢田 明徳)

ロッテの高卒2年目・佐々木朗希投手(19)が10日のヤクルト戦(ZOZOマリン)にプロ3度目の先発で、プロ初被弾を浴びた。

0-0の2回、先頭のヤクルトの主砲・村上に投じた3球目。真ん中低めの151キロ直球を右翼席に運ばれて先制を許した。これが佐々木朗にとってプロ初被弾となった。

佐々木朗は前回5月27日の阪神戦(甲子園)で5回、94球を投げ7安打4失点(自責点3)で待望のプロ初勝利を挙げており2勝目を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加