智弁学園・小畠が投げて打って大奮闘!9回7K0封&高校初本塁打の3ラン

智弁学園・小畠が投げて打って大奮闘!9回7K0封&高校初本塁打の3ラン

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

智弁学園・小畠が安定した投球で完封勝ちを収めた

<春季高校野球奈良県大会:智弁学園4-0法隆寺国際>◇3日◇3回戦◇佐藤薬品スタジアム

智弁学園の最速145キロ右腕の小畠一心投手(3年)が攻守で大活躍した。

背番号1を背負い、テンポのいい投球を披露。キレのある速球やスライダーなどを駆使し、9回7奪三振完封だ。「スピード、体のキレや動きが良くなってきています」。6回には速球を左翼に3ラン。高校初本塁打で突き放した。3月のセンバツは3試合で力投し、貴重な経験を積んだ。「全国クラスの打者は失投を見逃してくれない。上には上がいる」と夏を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加