“片倉高級参謀を追いだして、インパール作戦を実施する” 牟田口中将が見せた異常な「執念」

“片倉高級参謀を追いだして、インパール作戦を実施する” 牟田口中将が見せた異常な「執念」

  • 文春オンライン
  • 更新日:2020/11/20

「牟田口軍司令官の暴走を押えてもらいたい」 届かなかった河辺軍司令官の悲痛な“叫び”から続く

第二次世界大戦における旧日本軍のもっとも無謀な作戦であった「インパール作戦」。NHK連続テレビ小説「エール」では、名作曲家・古関裕而をモデルにした主人公・古山裕一がインパール作戦に従事する様子が描かれ、話題となった。

インパール作戦惨敗の主因は、軍司令官の構想の愚劣と用兵の拙劣にあった。かつて陸軍航空本部映画報道班員として従軍したノンフィクション作家・高木俊朗氏は、戦争の実相を追求し、現代に多くのくみ取るべき教訓を与える執念のインパールシリーズを著した。シリーズ第2弾『抗命 インパール2 (文春文庫)』より、牟田口廉也中将が周囲の反対を押し切り、インパール作戦を決行する様子を描いた「インド進攻」を一部紹介する。(全6回の4回目。#1#2#3#5#6を読む)

◆◆◆

邪魔になった片倉高級参謀

稲田副長は、中参謀長が久野村参謀長をつれてきた目的を、およそ察していた。それは久野村参謀長に説得させるつもりなのだ。久野村参謀長は、稲田副長とは広島幼年学校の2年先輩で、陸軍大学校では同級だった。その後、同じ時期にヨーロッパに留学したので仲がよかった。

中参謀長がこのような手段をとったのは、もう1つの目的があったからだ。それはビルマ方面軍の片倉高級参謀に話を通さないで、稲田副長に直接訴えようとしたのだ。片倉高級参謀のうしろ盾になっている稲田副長を斬りくずそうとしたのだ。

その前に、稲田副長はビルマ方面軍の河辺軍司令官から手紙をうけとったことがあった。それには、片倉高級参謀の更迭を求めていた。その理由として《片倉高級参謀は、自分の気にいらないことをした者を、毒舌の限りをつくして、痛烈にしかりつける。このため、ビルマ方面軍司令部内の人心はおびえて、異常な空気を作っている。これでは知略を集めて、作戦指導をじゅうぶんにすることができない》と記してあった。

No image

©iStock.com

稲田副長は当然のことに思った。人事の調和が、軍の統率の基本であるのに、各兵団内の実情は、離反している場合が多く、稲田副長は苦慮していた。片倉高級参謀も、その1例だと思った。

そこへ、こんどはビルマ方面軍の中参謀長が、第15軍の久野村参謀長をつれてきた。河辺軍司令官の手紙と考え合せると、方面軍の首脳部が、共謀して片倉高級参謀の追いだしにかかっているのではないかと推察された。

そうとすると、河辺軍司令官が手紙に書いてきた“理由”は表向きにすぎない。ほんとうは、インパール作戦に強硬に反対をしている片倉高級参謀を追いだして、インパール作戦を実施の段階に持ちこもうというのだ。片倉高級参謀がじゃまになってきたのだ。

これは危険なことになった、と稲田副長は感じた。

修正されていない計画書

中参謀長がしきりにたのむので、稲田副長は久野村参謀長と、ふたりだけで会談した。久野村参謀長はインパール作戦の計画書を提出して、

「稲田、たのむよ。認めてくれんか」

と、親しい口調でたのんだ。その内容は、第15軍の兵棋演習の時のものと、全く同じであった。つまり稲田副長が“修正しない限り許可しない”と申し渡したものと、少しも変ってはいなかった。

稲田副長は久野村参謀長の真意を疑って、念をおした。

「この計画を、中参謀長は承知なのか」

「承知だから、われわれをつれてきた」

稲田副長は中参謀長の考えていることがわからなくなった。3カ月前のラングーンの兵棋演習の時には、中参謀長が自分で講評して、この計画を非難し否決した。その時、稲田副長も、それに同意の講評をした。それなのに、それをそのまま、稲田副長に認可させようとしている。

また、そのために、河辺軍司令官と中参謀長とがいっしょになって、片倉高級参謀を追いだそうとまでしている。前には、このふたりは牟田口軍司令官の計画に反対していた。それが今は、このような策動をして牟田口計画の認可を得ようとしている。こうした変化が、いつ、どのようにしておこったのか、稲田副長は奇怪に思った。

今、ビルマのほかに勝っている所はない

あるいは、牟田口軍司令官の激しい意欲と強烈な自信に動かされたのかも知れなかった。そうとすれば、ビルマ方面軍の最高首脳者としては無能無力な統帥ぶりである。さもなければ、東条大将から何らかの指示があり、それに迎合したとも思われた。そうした追従の傾向があった。いずれにしても、無責任にすぎると思われた。稲田副長は計画書に手をふれないで、

「これは、なおさなければ認められんよ。それに、片倉が聞いたらおこるぞ。あんたは何も知らんことにしておけ。おれも何も聞かなかったことにする」

「そんな堅いこというな」

久野村参謀長のことばには、おれとお前の仲じゃないか、といったひびきがあった。

「しかしだな。こんな計画を認めたら、たいへんなことになる。インドまで攻めこんで、やりそこなったら、それだけではすまんことになる。日本全体が取り返しのつかんことになる。今、ビルマのほかに、勝っている所はないのだからな。それを考えにゃいかん」

「ウ号作戦をやらないと、15軍はくさってしまうのです」

久野村参謀長は当惑していたが、

「それじゃ、もう1つだけ、たのみを聞いてくれ。藤原がせっかく、ここまできたことだから、話を聞いてやってくれ。藤原はこの計画をまじめに考えている」

稲田副長は藤原参謀に会ったところで、むだなことはわかっていた。藤原参謀が久野村参謀長と違った作戦計画を持ちだすはずがなかった。

藤原参謀はこの計画については、作戦主任参謀以上に熱心だった。牟田口軍司令官の構想を基にして、研究をかさねた。そして、やれるという確信を持って、2年越し奔走をつづけている。チンドウィン河のような重要な場所には、直接に出かけて渡河の方法を研究していた。

稲田副長は藤原参謀の努力を知っていたので、話を聞いてみることにした。藤原参謀は稲田副長に向って、いきなりいった。

「今、ウ号作戦をやらないと、15軍はくさってしまうのです」

「15軍がくさるからというだけなら、ウ号でなくても、なんでもやればいい。インドをあきらめて、雲南をとりに行ったらいい」

「雲南ですか」

インド進攻を訴えようとした矢先に、急に話が中国の雲南省に飛んだので、藤原参謀はあっけにとられた形で問い返した。

「そうさ、総軍といっしょになって、雲南に女をとりに行った方がおもしろいぞ」

稲田副長は時どき、とっぴなことをいう癖があった。本心はまじめなのだが、それがつかめないので、藤原参謀は当惑しながら、

「おもしろいですか。しかし、雲南よりもインパールをやらしてください」

「それなら、真剣に考えなけりゃいかん。英米が本気になってかかってきたら、どうする。どうもならんじゃないか」

いくさは、切りあげることを考えてやらなけりゃいかん

稲田副長は相手の気持ちを読みながら話をしていた。

「英米にインドの方から押されたら、ビルマ方面軍はさがる道がない。雲南に退路を求めるよりほかはない。ビルマは南方軍の主力だから、これがさがる時は、総軍もいっしょにさがる。南方軍の主力はシナにおいて、総軍はシナ総軍と手を握る。こうして北京まで逐次さがるとすると、5年はかかる。いくさは、切りあげることを考えてやらなけりゃいかん」

稲田副長はしだいに早口になった。熱のこもった調子だった。総参謀副長として、さきのことを計算していたのだ。また、第15軍がくさるというだけの理由で、インドに行かれては困ると思っていた。

三師団長は作戦に反対

「こう情勢が悪くなると、どうやって持久戦をつづけるかということを、真剣に考えねばならない。退路をシナにとる。その前提として雲南をとりに行く。これがインパールに行く代りにならんか」

藤原参謀は話の腰をおられたと思っただけのようであった。なおも、しつこくインパール作戦の実行をくりかえし、たのみこんだ。稲田副長の話の、東向きの行動にはなんの関心も見せなかった。

稲田副長は反対の理由をかぞえあげた。

「牟田口司令官はやるやると目の色を変えているが、師団長の方はやる気がない。おれは三師団長に会って話を聞いている。その上、3人とも、軍司令官とは性格が合わない。これでは、いくさはうまくいかんよ」

弓第33師団の柳田元三中将は、はじめからインパール作戦は不可能だとして反対していた。柳田中将は学識ゆたかな教育者といった型で、牟田口軍司令官の実行型とは全く膚が合わなかった。柳田中将は稲田副長に、

「あんなわけのわからん軍司令官はどうもならんな」と、酷評した。牟田口軍司令官は、

「あんな弱虫はどうにもならん」

とののしった。柳田中将は、インパール作戦を中止すべきだという考えを持っていた。

また、祭第15師団長の山内正文中将も、線の細い知識人の型で、激戦場の指揮には向かないと見られていた。

今の案をなおしてこなければ、だめだ

ただひとり、烈第31師団長の佐藤幸徳中将は猛将として期待された。しかし、この場合でも、佐藤中将が激しい気性なので、強情の牟田口軍司令官と衝突すると、おさまりがつかなくなることが予想された。

このような人々を第15軍に配置したのは、陸軍次官の富永恭次中将の識見のない、無謀な人事行政のためであった。また、それを甘んじてやらせた東条陸相の思いあがった無反省のためでもあった。東条陸相は性格が偏狭で、人の好ききらいが強かった。人心操縦にたけた富永中将に次官の要職を与えたのも、そのためであった。そうしたことが今、第15軍の人事関係に危険なものを作りあげてしまっていた。こうした理由をあげて、稲田副長は結論をいった。

「どうしてもインドに行きたかったら、今の案をなおしてこなければ、だめだ」

こうして、中参謀長らの苦肉の手段も、稲田副長に阻止された。牟田口軍司令官もアッサム州進攻の計画を撤回するか、あるいは、しばらく時機を待たなければならなくなった。

ところがまもなく、稲田副長の身辺に意外な事件が起った。東条大将の怒りにふれたのである。

続きを読む

「インパール作戦の成功は、今や疑いなし」 牟田口軍司令官が訓示に見せた“陶酔”へ続く

(高木 俊朗/文春文庫)

高木 俊朗

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加