[いぬ年]4月中旬~5月中旬運勢 運は後半に好転。忍耐強さが開運の鍵

[いぬ年]4月中旬~5月中旬運勢 運は後半に好転。忍耐強さが開運の鍵

  • CREA WEB
  • 更新日:2021/04/08

戌(いぬ)年

4月12日(月)〜5月11日(火)の運勢

No image

大きな試練がやってくるとき。

公私とも、さまざまな課題が与えられそうです。特に苦労しそうなのが仕事面。

なかなか思うように進まず、落ち込んだり、くよくよしたりするかもしれませんが、後半には希望の光が見えてきて、素晴らしい成果が得られることでしょう。

形勢は必ず逆転します。

辛くとも踏ん張り続けることで状況は変わります。

その心構えがあれば乗り越えられるはず。気持ちを強く持って、忍耐強く過ごしましょう。

もうひとつ注意したいのが人間関係。

出る杭は打たれます。“和を以て尊しとする”姿勢を意識し、引けるところは引き、主張は控えめに。

また、自分と直接関係のない問題に、むやみに首を突っ込まないこと。

外出時は、自動車の動きによくよく注意し、危ない目に遭わないよう、細心の注意を払ってください。

健康面で注意したいのは、新陳代謝の低下。試練のときとあって、健康管理は重要な課題。忙しくとも湯船に浸かる時間を確保するなど、疲れを次の日に残さない生活を心がけましょう。

この時期、相性がいいのは、寅(とら)、卯(うさぎ)、午(うま)年。

距離をおいたほうがいいのは、丑(うし)、辰(たつ)、未(ひつじ)、酉(とり)年の人。

吉方位は、東と西。避けたほうがいいのは、北と南。

※次回更新日は5月9日(日)

※台湾の占いは旧暦が基本。旧暦と西暦で干支が変わる人もいますが、ここでは西暦での干支でみられるように占っています。

戌(いぬ)年

神鳥さんが授けるお守りアイテム

「時來運轉」の文字を刻んだモチーフのチカラを借りましょう。

これは“時機が来れば運命も好転する”という意味で、形勢逆転を狙いたいとき、勢いをつけたいときにぴったりのお守りです。

日本でも風水グッズのお店で見つかるので、できるだけグッズの形で取り入れましょう。

コイン型のモチーフに文字を刻んだもののほか、台湾では、ボウルに浮かべた水晶玉を流水でクルクル回転させるオブジェも人気です。

難しいようなら、掛け時計で代用します。

その場合、イメージしてほしいのは、時計の針が外からの運気を取り込んで家の中に入れる様子。

「3」が家の内側に、「9」が窓側に向くように掛けることがポイントです。

「時來運轉」のグッズの場合は、「來」が家の内側、「轉」が外側に向くように飾ります。

どちらの場合も掛ける場所は、窓の近くが理想ですが、文字や針の向きを合わせやすい場所であることを優先しましょう。

そして、事態の好転と成功を願いましょう。

この時期のラッキーカラーは、赤と緑。避けたほうがいいのは、黒と白。

※次回更新日は5月9日(日)

戌(いぬ)年・基本性格

強い正義感の持ち主で、清く正しく生きたいと願う人。

高い見識があり、物事を現実的に考えるタイプです。言動に筋が通っているため、周囲からの信頼は絶大で、何かと頼りにされることでしょう。

自分の役割や任務にも忠実で、与えられたタスクは迅速かつ責任をもって完遂する人です。

そうして高いポジションに昇りつめたとしても、決して驕ることなく、誰に対しても公平。人助けもいとわず、目の前に困っている人がいたら迷わず手を差し伸べるなど、聖人といっても過言ではない人も。

ただ、相手の意見を尊重しすぎるあまり、自分の首を絞める事態に陥るなど、お人好しがすぎる場合もありそう。

また、ブレない性格とあって、一度定めた目標には強い意志で臨むため、柔軟な方向転換は難しく、少々融通が利きづらい面があるかもしれません。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。
鑑定は17時30分~23時まで。鳥卦(約10分)は、一問につき300元。通訳を希望すれば、専属の通訳者がネット電話ごしに説明してくれる。鳥卦以外にも紫微斗数、四柱推命などのパーソナルな占いの依頼も可能。電話番号:0930-763-546(中国語対応)

文=堀 由美子
イラスト=さじきまい

悟明老師

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加