【東京HJ】オジュウチョウサン しまい伸ばす単走追い、石神も好感触「何の不安もなく臨める」

【東京HJ】オジュウチョウサン しまい伸ばす単走追い、石神も好感触「何の不安もなく臨める」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/10/14

東京日曜9R、J・G2「東京ハイジャンプ」で骨折休養から戦列復帰する障害王者オジュウチョウサン(牡10=和田正)は、美浦Wコースで単走追い。前に目標を置く形で5F70秒2~1F12秒1としまいを伸ばした。騎乗した石神は「道中の折り合い、反応を確かめたが、先週よりも良かった。春は調整がうまくいかなかったが、今回は何の不安もなく臨める」と好感触。保持する最多記録を更新する障害重賞14勝目が懸かる一戦。「出るからにはいいパフォーマンスをしなければいけない馬。メイショウダッサイの分も頑張りたい」と、故障で離脱したライバルの名を挙げて力を込めた。

No image

ウッドチップコースで追い切るオジュウチョウサン(撮影・郡司 修)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加