阪神・小野寺がうれしいプロ初安打 育成からはい上がった苦労人

阪神・小野寺がうれしいプロ初安打 育成からはい上がった苦労人

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/11
No image

5回、プロ初安打を放ち、ナインに祝福される小野寺(左)=撮影・西岡正

「日本ハム-阪神」(10日、札幌ドーム)

阪神の小野寺暖外野手がプロ初安打を放った。

先頭で打席を迎えた五回。2ストライクと追い込まれながらも、アーリンの3球目を捉えた。二遊間を破る中前打。7打席目で待望のプロ初安打をマークした。

小野寺は大商大から2019年度の育成ドラフト1位で入団。今年4月19日に支配下選手登録され、同24日・DeNA戦(甲子園)でプロ初出場。初打席は空振り三振だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加