韓国代表ソン・フンミンを完璧に止めた“超低空ドロップディフェンス” ヒメネスがゴール前で披露した勇敢な守備が「素晴らしすぎる」と話題に

韓国代表ソン・フンミンを完璧に止めた“超低空ドロップディフェンス” ヒメネスがゴール前で披露した勇敢な守備が「素晴らしすぎる」と話題に

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/11/25
No image

【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループH】ウルグアイ0-0韓国(日本時間11月24日/エデュケーションシティ スタジアム)

これぞワールドクラスの守備だ。DFにとってボックス内の守備はPKのリスクが伴い困難を極めるものだ。ウルグアイ代表DFヒメネスが韓国代表FWソン・フンミンからボールを奪い切った両足スライディングは、勇敢でかつ秀逸すぎると大きな賞賛を受けた。

【映像】韓国代表ソン・フンミンから奪い切るヒメネスの両足守備

ウルグアイは韓国の攻撃に何度も苦戦を強いられていた。ヒメネスが繰り出した秀逸な守備も、そんな防戦の中で披露されたものだ。

賞賛を受けたのは50分のシーン。韓国代表FWナ・サンホから落としのパスを受けたFWソン・フンミンがボックス内に侵入。スピード&テクニック&得点力に優れるアジア最高の選手が前を向いた状態でプレーする、ウルグアイにとっては絶体絶命のピンチだったが、ヒメネスがきっちり対応した。

ヒメネスはソン・フンミンのドリブルをさえぎるように滑り込む両足タックルを仕掛けると、残り足でボールに引っ掛ける完璧なフェアプレーで奪い取ったのだ。ABEMAの解説・名波浩氏も「残り足が素晴らしかった」と、最後にひと伸びした右足の守備を絶賛した。

ボックス内でのスライディングは、相手にPKを与えてしまうリスクもあり、積極的に奪いにいけないものだ。それでも果敢にタックルを試みたヒメネスに対して、視聴者は「ナイス守備!」「足の伸ばし方がうまい!」「魂の守備や」と賞賛すると共に、「武藤ばりの低空ドロップキック」と、スライディング時のフォルムをもじった声も挙がっていた。

ワールドカップでは前回大会からVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が導入されていることもあり、その対象となるボックス内でのファウルに臆することも多いもの。チームの危機を救ったヒメネスの勇気と技術は世界中から注目を集めた。
(ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加