5月29日まで医療緊急警報を延長 宮崎県

5月29日まで医療緊急警報を延長 宮崎県

  • 宮崎ニュースUMK
  • 更新日:2022/05/13
No image

テレビ宮崎

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

ゴールデンウイーク明けに新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、河野知事は15日までを期限としていた医療緊急警報を5月29日まで延長すると発表しました。

13日の定例記者会見で、河野知事は感染力の強いオミクロン株BA.2への置き換わりとゴールデンウイークが重なって感染再拡大に繋がっていると述べ、今後の医療提供体制への影響を見極めるため、15日を期限としていた医療緊急警報を5月29日まで延長することを発表しました。

感染リスクの高い場所への外出・移動の自粛や会食は1テーブル4人以下・2時間以内とすることなどを引き続き求めます。

(河野俊嗣知事)

「大型連休の影響というものが週明け・来週もしばらく続くのではないか。」

「場合によっては、(感染者は)800、900というような数字も出てくるのではないか。」

「(終期の前倒し等は)病床逼迫の状況を見極めて、今後、適切に判断していきたい。」

また、オミクロン株はこれまでのデルタ株などに比べ、若い世代で後遺症の発症が多いという報告があるとして、後遺症リスクを低くするため、ワクチン追加接種の検討を呼びかけています。

経済の回復策としては、感染対策の認証を得た飲食店で使えるプレミアム付き電子食事券の利用を来月から始められるよう準備しているということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加