華南地区初、国際船舶へのLNG充填に成功 広東省深圳市

華南地区初、国際船舶へのLNG充填に成功 広東省深圳市

  • 新華社通信
  • 更新日:2022/11/25
No image

華南地区初、国際船舶へのLNG充填に成功 広東省深圳市

22日、深圳の塩田港でフランスCMA CGMのソルボンヌ号に横付けし燃料補給のためのホースをつなぐLNG充填船、新奥普陀号。(小型無人機から、深圳=新華社配信)

【新華社深圳11月25日】中国広東省深圳市の塩田港で22日午後、タイプCのタンクを備えた液化天然ガス(LNG)充填船「新奥普陀号」がフランス大手海運会社CMA CGMのデュアルフューエル(二元燃料)エンジンを搭載したコンテナ船「ソルボンヌ号」への充填に成功した。同市で国際船舶に燃料供給が行われたのは今回が初めてで、深圳港はシンガポール港、ロッテルダム港、上海港に続く世界で4番目の、華南地区では初のLNG充填機能を備えたハブ港となった。

No image

華南地区初、国際船舶へのLNG充填に成功 広東省深圳市

22日、深圳の塩田港でフランスCMA CGMのソルボンヌ号に燃料を供給するLNG充填船、新奥普陀号。(深圳=新華社記者/毛思倩)

LNG船舶は従来の重油を燃料とする船舶と比較すると、硫黄酸化物(SOX)の排出量をゼロにすることが可能で、窒素酸化物(NOX)は最大85%以上削減が可能という。国際海事機関(IMO)が2020年から船舶燃料に含まれる硫黄分濃度の規制を強化して以降、LNGは急速に船舶燃料の新潮流となった。中でもアジアと欧州のLNG充填市場が急成長している。

No image

華南地区初、国際船舶へのLNG充填に成功 広東省深圳市

22日、深圳の塩田港で作業するLNG充填船、新奥普陀号。(深圳=新華社記者/毛思倩)

No image

華南地区初、国際船舶へのLNG充填に成功 広東省深圳市

22日、深圳の塩田港でフランスCMA CGMのソルボンヌ号に向かうLNG充填船、新奥普陀号。(小型無人機から、深圳=新華社配信)

No image

華南地区初、国際船舶へのLNG充填に成功 広東省深圳市

22日、深圳の塩田港でフランスCMA CGMのソルボンヌ号にLNG燃料を充填するLNG充填船、新奥普陀号。(小型無人機から、深圳=新華社記者/毛思倩)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加