子どもの夜泣きがひどくて朝は起きれない。追い打ちをかける夫の言葉に絶句!【夫婦を続ける自信がない】

子どもの夜泣きがひどくて朝は起きれない。追い打ちをかける夫の言葉に絶句!【夫婦を続ける自信がない】

  • レタスクラブ
  • 更新日:2022/08/06
No image

優しさだと思ってたけどそんな風に思ってたなんて… / (C)ゆむい/竹書房

「家にいるなら家事やってよ」つわりの苦しさを理解しようとしない夫に絶望【夫婦を続ける自信がない】

パートナーと一緒に過ごす時間が増えるにつれて、言動にイラっとしたり、疑問を感じたりすることはありませんか?

結婚4年目のナオとかな子夫婦もそんな一組。出産を機にやりがいのあった仕事を辞めたかな子は専業主婦に。小さな子どもを抱えながら、すべての家事をこなすことで毎日ぐったり…。一方のナオは、妻子を養うため仕事に必死。「仕事に出ている自分の方が大変」そんな思い込みのあるナオは、「子どもも生まれて充分幸せなのに、なんでそんなに愚痴ばっかり言うの?」とかな子に心無い言葉をかけてしまいます。

相手への思い込みや2人のすれ違いをなくして、夫婦として歩んでいくために必要なものとは――。 ナオとかな子のエピソードにその答えがありそうです。

※本作品はゆむい著の書籍『夫婦を続ける自信がない』から一部抜粋・編集しました

No image

俺は働くことで育児に貢献している / (C)ゆむい/竹書房

No image

それを俺に言うの!? / (C)ゆむい/竹書房

No image

本当につらいのは俺の方だ! / (C)ゆむい/竹書房

No image

どうして今は全然手を貸してくれないの? / (C)ゆむい/竹書房

No image

育児は…私だけの仕事じゃない… / (C)ゆむい/竹書房

No image

俺もそれなりの対価を求めるよ / (C)ゆむい/竹書房

No image

私が謝って収まるなら… / (C)ゆむい/竹書房

No image

こんな状態で私… / (C)ゆむい/竹書房

気持ちは限界を迎えながらも、その場を収めるために夫に頭を下げたかな子。

助け合って生活していくはずの夫婦が、なんだかいびつな関係性に。

お互いの思いがすれ違ってしまう時、あなたならどうしますか?

著=ゆむい/『夫婦を続ける自信がない』(竹書房)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加