広瀬すず「泣きそうだった」 朝ドラ娘役と再会で感激「勝手にお母さんの気持ち」

広瀬すず「泣きそうだった」 朝ドラ娘役と再会で感激「勝手にお母さんの気持ち」

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/05/13
No image

映画「流浪の月」初日舞台あいさつに出席した広瀬すず【写真:ENCOUNT編集部】

「流浪の月」初日舞台あいさつ、増田光桜がサプライズで登場

女優の広瀬すず、俳優の松坂桃李が13日、都内で行われたダブル主演映画「流浪の月」初日舞台あいさつに出席。イベント終盤、本作に出演している子役の増田光桜(みお)がサプライズで登場し、広瀬と松坂に花束を手渡した。

増田は、2019年に放送された広瀬主演のNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」でヒロイン・奥原なつの娘役を演じた。本作で“母娘”の再会となり、広瀬は「朝ドラでは撮影期間も長かった。お母さん役が初めてだったのでコミュニケーションを大事にして、休憩中ずっと遊んでいた。こんなにまたすぐ、共演できてものすごくうれしい。勝手にお母さんの気持ちは離れず、感動して泣きそうだった」と喜び。増田も「2年ぶりに広瀬さんと会えてすっごくうれしかったです!」と屈託のない笑顔を浮かべた。

また、松坂は増田の演技について「すばらしかったですよ」と褒め、「3人でいるシーンでの流れている時間は役を通して幸せが流れてきた。幸せをありがとうという感じ」と感謝。すると増田が「演技中は松坂さんの心の声がじわ~って響いた。松坂さんすごいな、すてきだなと思ったのを覚えています」とコメント。松坂は「いまの感想がじわ~と響いています…」と手で胸のあたりを当てて感激していた。

2020年本屋大賞に輝いた凪良ゆう氏による同名小説が原作。10歳のときに誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗を広瀬、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文を松坂が演じ、ダブル主演を務めた。

そのほか、横浜流星、多部未華子、内田也哉子、メガホンをとった李相日監督も参加した。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加