「今年こそは」昨年準優勝の駒田唯衣が、成長した姿を見せ全国小学生で頂点に立つ<SMASH>

「今年こそは」昨年準優勝の駒田唯衣が、成長した姿を見せ全国小学生で頂点に立つ<SMASH>

  • THE DIGEST
  • 更新日:2022/08/06
No image

小学生の頂点を決める大会、「第40回第一生命全国小学生テニス選手権」が、8月3日~6日にわたり、武蔵野ローンテニスクラブと第一生命相娯園テニスコートで開催された。8月6日には相娯園テニスコートで女子準決勝・決勝が行なわれ、第3シードの駒田唯衣が、第4シードの佐脇京に勝利して頂点に立った。

昨年、5年生にして準優勝している駒田。その結果がプレッシャーになるかとも思ったが、「今年も準優勝だったらすごく悔しいので今年こそはという気持ちで臨みました」と話す。初戦から順調に勝ち上がり、決勝では強烈な両手打ちフォアハンドを打つ佐脇との対戦となった。

駒田は、「いつも緊張するとコースが甘くなったり、相手に攻められると弱気になるけど、決勝だからこそ本気を出さないと」と、自分の気持ちを奮い立たせて決勝に臨んだ。

佐脇は得意の回り込みフォアハンドに加えて、ドロップショットも頻繁に打つ。駒田はその2つのショットを警戒しながら、緩急を使ってショットを組み立てていく。第1セットではタイブレークにもつれるが、安定感で優る駒田が奪取した。

駒田の安定感が磨かれたのは、海外遠征でサイドを狙いすぎてアウトした経験があるからだという。そこから「絶対サイドアウトしない」ようにすることで、ミスが減少した。それが自信になっているのか、厳しいコースにも打ち込めており、相手の強打に弱気になることなく、ストレートで勝負を決めた。

「自分のプレーでいけると思って、昨年よりファイトしました」と試合後に語った駒田。それは、この1年で積み上げた技術と強い気持ちで戦えたからこそ出てきた言葉だろう。結局1セットも落とさず優勝した駒田は、1年で大きく成長した姿を見せた。

準優勝となった佐脇は、「自分のテニスができて最後まで戦えてよかった」とコメント。憧れの選手を聞くと、「アルカラス」と男子選手の名前が出てきた。ドロップショットをよく打つのは、錦織圭の試合を見ていた影響だそうで、女子よりも男子の試合を見る方が多いそうだ。これからも、男子テニスのような迫力のあるプレーを目指してほしい。

◆女子準決勝(丸数字はシード)

佐脇京④(東京・渋谷区立富谷小)63 63 西脇美結①(大阪・富田林市立久野喜台小)

駒田唯衣➂(愛知・一宮市立千秋東小)60 60 羽生田杏⑧(埼玉・草加市立長栄小)

◆女子決勝

駒田唯衣➂ 76(3) 62 佐脇京④

取材・文●赤松恵珠子(スマッシュ編集部)

【PHOTO】錦織らも出場した全国小学生テニス選手権!第40回大会の準決勝・決勝に出場した選手を一挙紹介!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加