駅弁ピンチ 「旅のお供」から「自宅で駅弁」定着へあの手この手 全国有名業者に聞く

駅弁ピンチ 「旅のお供」から「自宅で駅弁」定着へあの手この手 全国有名業者に聞く

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2020/05/23

売上の減少にとどまらない駅弁業界の窮状

新型コロナウイルスの影響で旅行や出張が大幅に制限されたこともあり、2020年5月現在、駅弁業界はかなり深刻な打撃をこうむっています。

もともと各業者は駅にとどまらず、様々な販売ルートで収入を確保していましたが、そうした既存の販売ルートがほぼ「塞がれている」状態なのです。

今回、次の全国駅弁業者8社に話を聞き、現状ならびに各社の取り組みについてまとめました。なお、営業時間や価格などの情報は2020年5月15日現在のもので、各駅弁の販売駅については代表的な駅および路線を記載しています。

・函館本線 長万部駅(北海道長万部町):かにめし本舗かなや
・函館本線 森駅(北海道森町):いかめし阿部商店
・信越本線 新津駅(新潟市秋葉区):神尾弁当部
・紀勢本線 松阪駅(三重県松阪市):駅弁のあら竹
・山陽新幹線 西明石駅(兵庫県明石市):淡路屋
・山陽新幹線 姫路駅(兵庫県姫路市):まねき食品
・山陰本線 鳥取駅(鳥取市):アベ鳥取堂
・佐世保線 有田駅(佐賀県有田町):有田テラス

No image

淡路屋が製作したオンライン会議などで使えるデジタル壁紙より。阪神・淡路大震災を乗り越えた淡路屋は「あきらめない駅弁屋」を掲げる(画像:淡路屋)。

売上の基幹となる駅での販売は、構内の販売店を当面のあいだ休止する措置を取っている場合も多く、「駅での売り上げは皆無」(新津駅 神尾弁当部)といった状況です。また、兼業する駅構内のそば店なども軒並み休業を余儀なくされるなど、駅での実販は依然として先が見えていません。

一方、デパートの催事や地域のイベントなどでの販売は、中止や延期が相次ぎ、開催された場合でも「3密」につながる混雑を避けるため、「販促展開がない」(有田駅 有田テラス)など、まとまった収入につながりにくい状況です。物産品展などでの販売が多い森駅 いかめし阿部商店は、販売物が多量に余ってしまい、コロッケなどを大幅に値引きして処分せざるを得ない状況だそうです。

同様に、まとまった注文が見込めるツアーへの弁当積み込みもほぼ途絶えてしまい、「近鉄特急『しまかぜ』などで伊勢志摩に向かうツアーがすべてなくなった」(松阪駅 駅弁のあら竹)、「ツアーと一般会食を合わせて、予約分だけで4000名程度キャンセル」(長万部駅 かにめし本舗かなや)、「4、5月でツアーの売上計上がゼロ」(姫路駅 まねき食品)など、本来なら稼ぎ時であるシーズンでの予想外の事態に、各社が悲鳴を上げている状態です。

駅弁の危機は「地域の危機」 各社の取り組みとは?

地域に密着し「地産地消」を掲げる業者も多い駅弁の危機は、そのまま「地域の危機」になる場合もあります。たとえば有田駅の有田テラスは、人気商品「有田焼カレー」の原材料の定期納品を止めざるを得ず、地元の生産者などにも影響が出ているそうです。また本拠地である佐賀県有田町は「有田陶器市」の延期によって、陶器の街としての打撃も大きく、陶器販売業者でもある有田テラスは幾重にも課題を抱えています。

一方、従業員の一時帰休なども様々な業種で行われていますが、そのような施策も「長年の味は熟練の技術に支えられているため、人を手放せない」(松阪駅 駅弁のあら竹)などの事情でできない場合が多く、苦しい状況のなかで雇用を守り続けているのです。

No image

有田焼の器に入った有田駅「有田焼カレー」(2020年1月、宮武和多哉撮影)。

伸ばせ「お取り寄せ」! 直筆手紙も添えて

もちろん各社とも黙って過ごしているわけではなく、この状況を乗り切ろうと、さまざまな取り組みを行っています。近隣の住民に向けた持ち帰り弁当の販売(鳥取駅 アベ鳥取堂や新津駅 神尾弁当部など各社)はもちろん、インターネットによる通販に、各社注力しています。

たとえば西明石駅の淡路屋は、5000円以上の購入で通販の送料が無料となる期間限定の「自宅で駅弁! 旅気分! キャンペーン」で売り上げを伸ばしています。注文できる駅弁のラインナップは30数種類以上と豊富で、定番の「ひっぱりだこ飯」から、「ハローキティ新幹線弁当」といった子どもにも人気のある商品も多く、家族でのお取り寄せにはうってつけです。また長万部駅 かにめし本舗かなやのように、期間限定かつ、お取り寄せ限定のお得なセットを販売するケースもあり、同社では、これまでなかなか伸びなかった通販での売り上げが10倍にもなったそうです。

お取り寄せ駅弁に特典を封入する業者も多く、松阪駅 駅弁のあら竹では、オリジナルキャラクター「モー太郎」のグッズや、松阪始発のローカル線である名松線の写真集をつけているそうです(数量限定)。なかには直筆の手紙を添えるなどして、お取り寄せに感謝の気持ちを伝えるケースもあります。

「お取り寄せのお取り寄せ」人気 いまだけの「駅弁ドライブスルー」も

鳥取駅 アベ鳥取堂は、「元祖かに寿司」「ゲゲゲの鬼太郎風呂茶漬け」などの自社商品に加えて、名古屋駅 だるま、小田原駅 東華軒、出水駅(鹿児島県) 松栄軒、岡山駅 三好野本店、富山駅 源(みなもと)など、9社の駅弁を週替わりで取り寄せ、鳥取市周辺エリアの利用者宅へ配達しています(要予約)。駅弁業者自らが全国から駅弁を取り寄せるという試みは、もともとほかのイベントとして企画されていたものとか。利用者からは駅弁を取り寄せて「全国へ旅行に行った気分になれた」との声も多くあるそうです。

姫路駅 まねき食品は、接触を避けるため「駅弁ドライブスルー」店舗を期間限定で開設しました。姫路市内の本社工場や近隣の道の駅などで、駅弁や名物の「えきそば」、オリジナル商品の「コロナにカツ! カレーライス」などを持ち帰り容器で提供し、車内で食べる人のための駐車場や、屋外の食事スペースも設けています。こうした臨機応変な出店ができるのは、地域のさまざまなイベントのケータリングなどを手掛けてきた同社ならではといえるのではないでしょうか。

No image

まねき食品が開設したドライブスルー店舗(画像:まねき食品)。

このほか、西明石駅の淡路屋も、神戸市内の酒蔵を利用したドライブスルー店舗を開設したところ、反響が大きく、初日はすぐ売り切れてしまったそうです。

新型コロナウイルスによる苦境が続くなか、このように駅弁業者は従来と違う販売ルートを開拓しています。しかし、いずれも通年の実績には遠く及ばず、物流が滞っているため通販も対象地域を縮小せざるを得ないケースもあります。また、遠方の店に弁当を送り込んで販売することも、食品が傷みやすい夏場は多くの制約が生じるため、それに向けた試行錯誤はいまも続いているのです。

広がる支援の輪 「次」を模索する駅弁業界

苦境に立つ駅弁業者には、各方面から励ましの声も寄せられています。「数十年通っていますがいまは通販で買います」「収束したら行きます」といったメッセージだけでなく、松阪駅 あら竹のように、販売促進に使えるグッズなどがファンから寄贈されるケースも見られます。

前出した、通販の駅弁に添えているという名松線の写真集がそれで、もともと新型コロナの影響で中止になったイベントで使用予定だったものを、長年のあら竹ファンがまとめて同社に差し入れたのだとか。廃棄の危機にあったグッズが思わぬところで駅弁屋さんのピンチを助けることになりました。

No image

母の日用包装がなされた、あら竹の商品。特別な日のプレゼント需要にも支えられているという(画像:駅弁のあら竹)。

新潟県では、新津駅 神尾弁当部などの駅弁業者を地元スーパーが応援する、「頑張ろう! 新潟の駅弁フェア」が開催され、多くの購入があったそうです。また北海道では、長年のファンも多い長万部駅「かにめし弁当」も、近隣スーパーでの売り上げが前年比を越えているといいます。外出自粛のなか、「旅行気分で美味しいものを食べたい」という人々も多く存在するのです。

姫路駅 まねき食品は、宅配の下限金額を大きく下げ、オードブルや「初夏のおせち料理」(5月末発売)などを自宅でも楽しめる宅配サービス「まねきでり」を5月中旬から開始するなど、今後に向け新たな施策を展開しています。店での飲食に制約が残り、製造から喫食まで時間を要する宅配が増えているいまこそ、「冷めても美味しい」「持ち帰っても美味しい」「食べるのが楽しい」を長年にわたって追求してきた駅弁業者のノウハウが、全国で発揮されるときなのかもしれません。

また、この状況下でユニークな新商品を打ち出すケースもあります。西明石駅の淡路屋による、貯金箱にもなるブタ型陶器の弁当「豚々拍子」や、定番駅弁「ひっぱりだこ飯」の容器そっくりの蛸壺型コーヒーカップなどが挙げられるでしょう。1995(平成7)年の阪神・淡路大震災では、自らの被災も顧みず被災地に食事を提供し続けた「あきらめない駅弁屋」こと淡路屋が届けるささやかなユーモアに、心なしか力強さを感じるのは気のせいでしょうか。

全国の駅弁業者は、創業から100年を越える会社も多く、その歴史は戦争や天災などとともにあります。誰もが苦しい状況にあるいまだからこそ、過去の苦難を乗り越えて、地域の食の魅力をコンパクトに伝え続けた「駅弁」を、食卓に取り寄せてみるのもよいのではないでしょうか。

宮武和多哉(旅行・乗り物ライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
雪よりも白いkiri「チーズクリームロールケーキ」の恐ろしい本性について
【100均ずぼらシュラン】ダイソー「3WAYスパイラルカッター」なら、料理下手でも回すだけで野菜を美しくカットしてSNS映え!?
スシロー「三貫盛り祭り」全15貫食べても800円
ヒカキンがハマっているコンビニおやつを紹介、売り切れ続出 「こんな田舎でも全部売り切れ」驚きの声も
通販ラーメンまとめサイト「おうちラーメンバンク」がグランドオープン!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加