『Apple Event』でベールを脱いだ、「iPad」「iPad mini」「Apple Watch」はどこが新しくなった?

『Apple Event』でベールを脱いだ、「iPad」「iPad mini」「Apple Watch」はどこが新しくなった?

  • isuta
  • 更新日:2021/09/15

iPhone 13シリーズの発表で注目された『Apple Event』では、「iPad」、「iPad mini」、「Apple Watch」の新機種も公開されました。

それぞれのパワーアップした機能面や、デバイスデザインの変化などをまとめてご紹介します。

高速パフォーマンスでより万能になった「iPad」

No image

画像元:Apple

第9世代となる「iPad」は、前世代と比べて2倍のストレージ容量を持ちながらも、3万円台から購入できるお手頃プライスが魅力的です。

注目すべきポイントは、FaceTimeや他社製のビデオ通話アプリを、より楽しいものにしてくれそうな「センターフレーム」機能を搭載。

これは、ビデオ通話の画面に映る人物の動きを、超広角フロントカメラを使って自動で追いかけてくれる便利な機能なんです。カメラの前に立つ人数が増えるとそれらも検出し、全員が映るようスムーズにズームアウトしてくれるんだとか。

No image

画像元:Apple

100%再生アルミニウムを使用したiPadは、薄くて軽いから屋外への持ち運びにもぴったりです。ストレージ容量が大幅にアップしたため、外出先での作業もよりスムーズに行えるようになりそう。

iPad用の「Smart Keyboard」や、「Apple Pencil (第1世代)」と合わせて使ってみるのもおすすめですよ。

No image

画像元:Apple

「iPad」の価格は、Wi-Fiモデルが税込3万9800円〜、Wi-Fi+Cellularモデルは税込5万6800円〜です。

シルバー/スペースグレイの2色展開で、ストレージ容量は64GB/256GBの2モデルから選べますよ。

Apple Storeでは既に予約がスタートしていて、発売は9月24日(金)予定。

フルスクリーンモデルに変化した「iPad mini」

No image

画像元:Apple

ホームボタンが無くなり、すっきりとした印象に生まれ変わった第6世代の「iPad mini」。前世代と比べて最大80%速いパフォーマンスを発揮してくれる、有能なデバイスとなっています。

No image

画像元:Apple

ホームボタンの廃止により、Touch ID内蔵のトップボタンが新たに加わりました。アプリケーションにログインやApple Payも、これによりスムーズに利用できそうです。

No image

画像元:Apple

「iPad mini」の価格は、 Wi-Fiモデル税込5万9800円〜、Wi-Fi+Cellularモデル税込7万7800円〜。

カラーバリエーションは、ピンク/スターライト/パープル/スペースグレイの4展開です。ストレージ容量は、64GB/256GBで構成されていますよ。

iPad同様、予約販売が開始されており、9月24日(金)発売予定です。

より大画面で操作性が向上「Apple Watch」

No image

画像元:Apple

四隅がより柔らかく丸みを帯びるような、新デザインで登場した「Apple Watch Series 7」。

No image

画像元:Apple

写真1番右側の最新版では、左端の「Apple Watch Series 3」のディスプレイより50%大きくなりました。

デバイス自体のサイズ変更は最小限に抑えながらも、ディスプレイの画面領域が最大化されたことで、画面操作がよりシンプルに。

No image

画像元:Apple

表面には、今までより50%厚くなった前面クリスタルが配置され、Apple Watch史上もっとも頑丈なシリーズとなります。

2つの新しい文字盤「輪郭」と、「モジュラーデュオ」もお目見え。

「Apple Watch Series 7」の全モデルは、今秋の後半に販売開始予定です。よりパワフルになった、ニューアイテムの数々をお見逃しなく!

詳細はこちらから

Yano Sara

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加