羽生九段、プレーオフ進出逃す「焦らされた」 王将戦挑決L

羽生九段、プレーオフ進出逃す「焦らされた」 王将戦挑決L

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/22

◇第70期王将戦 挑戦者決定リーグ

No image

盤面を見つめる羽生九段

将棋の第70期王将戦7番勝負(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)で渡辺明王将(36)=名人、棋王含め3冠=の対戦相手を決める挑戦者決定リーグは20日、東京・将棋会館で一斉対局を行った。永瀬拓矢王座(28)が広瀬章人八段(33)に敗れ、豊島将之竜王(30)=叡王との2冠=が羽生善治九段(50)に勝利。永瀬と豊島が5勝1敗で並び、リーグ2年ぶりのプレーオフ(30日)が決まった。

勝てばプレーオフ進出だった羽生は「飛車を追い掛けたのが問題だったかも。こちらから動く形になって、焦らされた」と敗因を述べた。中盤「歩越し飛車」の悪形になった豊島飛車を標的にした組み立てを悔いた。リーグは4勝2敗で終戦し、竜王戦に続く挑戦権獲得はならなかった。「結果は結果として受け止めなければ」と残留は決めた来期リーグを見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加