元AKB48・矢作萌夏、エイベックスと契約終了を報告 「これからも音楽の道を」

元AKB48・矢作萌夏、エイベックスと契約終了を報告 「これからも音楽の道を」

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/10/14
No image

アイドルグループ・AKB48の元メンバー・矢作萌夏が14日、自身の公式インスタグラムを更新。ストーリーズ機能で、所属していた大手レコード会社・エイベックスとの契約を終了したことを報告した。

■avexと契約を終了

矢作は、「いつも応援してくださる皆様へ」と切り出し、「この度、1年半所属していたavexと契約を終了させていただくことになりました」と報告。「お世話になった事務所の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです」と丁寧に記した。

関連記事:元欅坂46・今泉佑唯、ブログ開設で心境吐露も 「無理せず」とファン応援

■私にとっては大きな決断

また契約終了は「私にとっては大きな決断」であるとつづっており、今後の活動については「これからも音楽の道を邁進して行くつもりですので、どうぞ宜しくお願い致します」と音楽活動は変わらず続けていくことも明かしている。

■歌唱力で高く評価

矢作は、2018年にドラフト生としてAKB48に加入。2019年1月には、AKB48メンバーでは史上最速でソロコンサートを開催し、同年9月発売のシングル『サステナブル』でセンターに抜擢された。

「第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」で優勝するなど歌唱力の評価が高く、次期エースとして期待がかけられていたが、昨年2月にグループを卒業した。

■今年7月からライブ配信

卒業後はエイベックスと契約し、今年7月にはインスタグラムとTikTokで、活動再開後初めての配信ライブを開催。

しかし、インスタグラムは先月から更新が滞り、今月に入って、日曜日に行なっていた恒例の生配信ライブを当面休止することを発表していた。

・合わせて読みたい→柏木由紀、ファンからAKB48への質問に回答 「一番多い質問が意外にも…」

(文/しらべぇ編集部・けろこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加