Apple Watch Series 7、内蔵チップは進化なし

Apple Watch Series 7、内蔵チップは進化なし

  • ゴリミー
  • 更新日:2021/09/16
No image

Apple Watch Series 7は、2020年に発表されたApple Watch Series 6と同じS6チップを内蔵していることが分かった。最新のXcodeから取得したデータによると、Series 7とSeries 6の内蔵チップは同じ「t8301」と表示。チップ性能は改良されていないと見られる。

There is a reason Apple didn’t talk about the Apple Watch Series 7 CPU this year…

…and it’s because it’s the exact same as last year’s Series 6 In fact it doesn’t even get a new model number, it’s effectively just a chassis tweak pic.twitter.com/mLsTNkdTNO
— Steve Troughton-Smith (@stroughtonsmith)
2021年9月15日
from Twitter

Appleが旧モデルのチップを最新モデルに”再利用”することは珍しくないが、一部からはコードネームを変えなかった状況に違和感を指摘する声がある。Apple Watch Series 7は、正式発表前に流出していたレンダリング画像やCAD画像にあったようなフラットなデザインを採用していない。

また直面していた製造トラブルは「解決した」と報じられていたが、AppleはApple Watch Series 7の発売日を明かしていない。9月末には発売されると予測されていたが、10月以降になる可能性が高い。

https://gori.me/apple-watch/series7/137362

The post Apple Watch Series 7、内蔵チップは進化なし first appeared on ゴリミー.

Apple Watch Series 7に関する記事をもっと読む

Kazuto Kusakari

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加