「美しい城を建築するには時間が必要」。FC東京のアルベル監督が新体制発表会で明かしたチームコンセプト

「美しい城を建築するには時間が必要」。FC東京のアルベル監督が新体制発表会で明かしたチームコンセプト

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2022/01/15
No image

2022年シーズンを戦うチームは味スタに熱狂をもたらせるか。写真:FC東京

2022年1月15日、FC東京が新体制発表会を行なった。東京ガスからミクシィへ、新たな経営体制で臨む最初のシーズンに向け、新社長の川岸滋也氏は「伝統の継承×新たな取組み」「ビジョンの再設定」などを主張。そして「首都東京に相応しいクラブになるために何が必要か?」、「強く愛されるクラブになるために何が必要か?」を考えるうえでピッチで実践すべきは、「楽しませるサッカー、魅了するサッカー」と説明していた。

新たなサッカースタイルを実践するための4要素が、多様性、可能性(例えばユース世代の育成に注力)、大胆(例えば批判を恐れず、新しいことを試し続ける)、連携(例えばアイデアとアイデア、人と人との連鎖)。チームとして目指すべきはACL出場権獲得、そしてできるだけ早い段階でのJ1初制覇と、川岸氏は語っていた。

新チーム構築のファーストステップが、アルベル・プッチ・オルトネダ監督の招聘である。過去2シーズン率いた新潟のサッカーから察すれば、FC東京が標榜するのは「ボールを愛する攻撃的なスタイル」となるだろう。実際、アルベル監督は新体制発表会で新シーズンへの意気込みをこう述べている。

「この素晴らしいプロジェクトに携われることに情熱を感じたので、私はここにいます。なにより新しいチャレンジ、ゼロか何かを成し遂げることが私は好きです。過去2年間、新潟という素晴らしい街、素晴らしい人々に囲まれて仕事をしたのち、選んだのが首都・東京のクラブです。私は子供の頃からFCバルセロナのファンで、FC東京のクラブカラーも私のカラーと認識しています。首都クラブとして、魅力的で注目に値するチームにしていきたいです。

ただ、試合に必ず勝つ、タイトルを獲ることは保証できません。保証できるのは、ピッチに立った選手が出し尽くす、そういうチームを作るということです。それを、美しいサッカーで表現したい。日本は美しい文化を好みます。賢いことを好みます。それを成し遂げるには時間が必要です。日本でも美しい城を建築するには時間が必要です。時間をかけて完成した美しい城は頑丈です」
では、アルベル監督の哲学を浸透させるにはどれくらいの時間が必要なのか? この日ゲストで登場した戸田和幸氏のそうしたニュアンスの質問に対し、同監督はこう答えている。

「ある程度は予測がつきます。最初の6か月は苦しむ時間が続くでしょう。いろいろと試して、調整するので。6か月経ってようやく新しいチームのコンセプトを理解したうえでプレーできます。ただ、ミスは継続的に起こります。それを1年間続けたのち、2シーズン目は良いスタートが切れると思います。そのプロジェクトが3年続けば、3年目はより良いパフォーマンスを披露できる。築いたベースの中にユースから上がってきた選手を組み込み、外国人選手には新たなエッセンスを注入してもらう。

35歳だろうが、16歳だろうが、ピッチに立てば同じです。もっとも重要なのは一致団結。私が求めるスタイルにはコンビネーション、人間同士の絆が必要です。選手はロボットではありません。個性をピッチで表現してほしいですが、チームのために走らないといけません。ひとりでもさぼれば、チームの機能性は下がりますから」

いわゆる〝バルサスタイル“への変換は、果たして上手くいくだろうか。アルベル監督の新たな冒険を、興味深く見守りたい。

構成●サッカーダイジェスト編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加