福岡県知事選は11日投開票、データでみる福岡県

福岡県知事選は11日投開票、データでみる福岡県

  • 政治山
  • 更新日:2021/04/12

小川洋 前福岡県知事の辞職に伴い、4月11日に知事選が行われます。知事を選ぶにあたり、人口や予算規模などから、福岡県のすがたを概観してみましょう。

2015(平成27)年の国勢調査によると、福岡県の総人口は510万1556人で、人口増減率がプラス0.58%と47都道府県中6位。平均年齢は45.74歳(7位)です。

予算規模は歳入が1兆6568億8969万円、歳出が1兆6166億8134万円(いずれも2019年)で、10年前と比較すると歳入はマイナス2.1%、歳出はマイナス2.5%と、ともに減少しています。

No image

「福岡県の人口・財政・選挙・議員報酬」より

産業構成については、従業員数の多い順に「卸売業・小売業」「医療・福祉」「製造業」で、売上規模の大きさでは「卸売業・小売業」「製造業」「建設業」の順となっています。

また、県議会議員87人の平均年齢は55.92歳、女性議員は9人で全体の10.34%(2019年4月の一般選挙時点)、議員報酬は月額89万円(「令和2年4月1日地方公務員給与実態調査」総務省)です。

知事選には、いずれも無所属新人で、元福岡市議の星野美恵子氏(70)、元副知事の服部誠太郎氏(66)=自民、立憲、社民推薦=の2人が立候補。期日前投票は4月10日(土)まで(期日前投票所によって、投票期間や投票時間等が異なります)。投票は4月11日(日)で、即日開票されます。

※データはすべて、政治山の「自治体」より

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加