「想像吹き飛ばす現実がある」兵庫県知事、緊急事態宣言控え

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/01/12

兵庫県は12日に開いた対策本部会議で、緊急事態宣言が再発令されれば、感染者が比較的少ない但馬や西播磨地域も含め、県内全域で時短営業などの対策を一律に実施することを決めた。
 井戸敏三知事は会見で「想像を吹き飛ばす(感染急拡大の)現実があるので、県内一円で対応する。府内全域で行う大阪、京都と同一歩調をとる」と説明。「緊急事態が発せられる厳しい事態が大前提にあることを県民、特に若い人は認識してほしい。

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加