駐米韓国大使「米国は日本が韓日関係改善にとても強硬だとの立場」

駐米韓国大使「米国は日本が韓日関係改善にとても強硬だとの立場」

  • 中央日報日本語版
  • 更新日:2021/10/14
No image

李秀赫(イ・スヒョク)駐米韓国大使

米国政府が韓日関係において日本がとても強硬だとの立場を持っていると李秀赫(イ・スヒョク)駐米韓国大使が明らかにした。

李大使は13日にワシントンの在米大使館で開かれた国会外交統一委員会の国政監査で、与党「共に民主党」の金映豪(キム・ヨンホ)議員の関連質疑に「米国は韓米日三角同盟の重要性をとても強調している」としてこのように言及した。

彼は5月に文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪米を推進し米側核心高官と15回にわたり主に大使官邸で対面協議をしたとし、「このうち7~8回は韓米日関係に対する関心だった。その結果、米国が韓国の立場を本当によく理解することになった」と話した。

その上で「(韓日関係が)難しいということの原因が韓国にあるとみる認識は断言するがない。(米国は)日本が韓日関係改善において立場がとても強硬だとの立場を持っている。米国は完璧に理解している」と話した。

李大使は「米国高官が日本に行って話もしており、国務省の高官も韓日両国の高官を呼んで話を続けている。別の見方をすれば日本は米国がとても積極的に介入していることにやりにくがる傾向もある」と明らかにした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加