中村鴈治郎、松本幸四郎ら出演の『祇園恋づくし』と17歳の市川染五郎が初主演を務めた『信康』を放送

中村鴈治郎、松本幸四郎ら出演の『祇園恋づくし』と17歳の市川染五郎が初主演を務めた『信康』を放送

  • SPICE
  • 更新日:2023/01/25
No image

CS放送局「衛星劇場」にて、2023年2月3日(金)に『信康』、2月8日(水)に『祇園恋づくし』を放送する。

衛星劇場では、毎日平日午後4時から歌舞伎を放送しており、毎月約20本の演目を視聴者に届けている。2月もテレビ初放送の作品として、令和4年に大阪松竹座で上演された『祇園恋づくし』と、令和4年に歌舞伎座で上演された『信康』を放送。

No image

『祇園恋づくし』   (C)松竹株式会社

『祇園恋づくし』は、祇園祭を背景に次郎八と留五郎の京男と江戸っ子が張り合うお国自慢、そして次郎八とおつぎを鴈治郎、留五郎と染香を幸四郎が二役で勤める早替りが見どころの作品。

No image

『信康』   (C)松竹株式会社

『信康』は21歳の若さで命を終える悲劇の主人公・信康に染五郎、家と親子の狭間で葛藤し苦悩する家康に祖父・白鸚の配役。17歳の染五郎が歌舞伎座で初主演を務めた注目の舞台。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加