イタリアとカナダが4強入り、準決勝で激突 デビス杯

イタリアとカナダが4強入り、準決勝で激突 デビス杯

  • AFPBB News
  • 更新日:2022/11/25
No image

男子テニス、国別対抗戦デビスカップ決勝ラウンド準々決勝、イタリア対米国。勝利を喜ぶイタリアのシモーネ・ボレッリ/ファビオ・フォニーニ組(中央、2022年11月24日撮影)。

【AFP=時事】男子テニスの国別対抗戦デビスカップは24日、決勝ラウンドの準々決勝が行われ、1976年以来のタイトル奪還を目指すイタリアと、2019年大会準優勝のカナダがそれぞれ2勝1敗で勝ち進み、準決勝で激突することになった。

世界15位のヤニック・シナーと同16位のマッテオ・ベレッティーニを欠くイタリアは、世界9位のテイラー・フリッツと同19位のフランシス・ティアフォーを擁する米国に打ち勝った。

イタリアは第1試合で世界45位のロレンツォ・ソネゴが6-3、7-6(9-7)でティアフォーを撃破。続く第2試合では、ロレンツォ・ムゼッティが第1セットで健闘したもののフリッツに6-7(8-10)、3-6で敗れ、米国に1勝1敗と並ばれた。

しかしイタリアは第3試合のダブルスで、2015年の全豪オープンを制したシモーネ・ボレッリ/ファビオ・フォニーニ組が、第1セットの第9ゲームと第2セットの第7ゲームでブレークを奪い、トミー・ポール/ジャック・ソック組を6-4、6-4で退けた。

一方、カナダはこの日ドイツと対戦。第1試合では、世界152位のジャン・レナード・ストラフが6-3、4-6、7-6(7-2)で同18位のデニス・シャポバロフに番狂わせを演じ、ドイツが先勝。第2試合では、決勝ラウンド出場選手で最高の世界6位につけるフェリックス・オジェ・アリアシムが7-6(7-1)、6-4で同65位のオスカー・オッテを退け、カナダが1勝を返した。

最後のダブルスでは、バセック・ポスピシル/シャポバロフ組が2-6、6-3、6-3でケビン・クラビーツ/ティム・プッツ組を下し、カナダが通算4度目の4強入りを決めた。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加