西武がドラ1・隅田に指名挨拶 「先発ローテーションに入って、できれば10勝したい」

西武がドラ1・隅田に指名挨拶 「先発ローテーションに入って、できれば10勝したい」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/10/14
No image

西武がドラフト1位・隅田知一朗投手二指名挨拶 [写真提供=埼玉西武ライオンズ]

◆ 「単独指名だろうな、と…」

西武は14日、ドラフト1位で交渉権を獲得した西日本工業大・隅田知一郎投手に指名挨拶を実施。

1巡目で4球団が競合した注目の左腕は、「今日あらためて、スタートラインに立ったのだと実感しました」と喜びを語った。

長崎県立波佐見高校から西日本工業大を経て、プロ入りの夢を叶えた22歳の左腕。

今秋のドラフトではいの一番に指名を公表した西武のほか、広島・巨人・ヤクルトが1巡目の指名で隅田に入札。

4球団競合のクジ引きとなった末、一番先にクジを引いた西武が交渉権を獲得した。

競合となったことについて、「ドラフト当日は、きっとライオンズの単独指名だろうな、と思って臨んでいましたので、指名の重複には驚きました」と振り返った隅田だったが、「でもライオンズの単独指名をイメージしていたので、実際にライオンズがくじを当ててくださった瞬間は本当にうれしかったです」とコメント。

即戦力としての活躍にも期待がかかっているが、本人も「1年間先発ローテーションに入って、できれば10勝したいです」と力強く意気込みを述べ、「そのためには今の自分では実力が足りないと思うので、しっかり練習していきます」と気を引き締めた。

◆ 隅田知一郎投手・コメント

今日あらためて、
スタートラインに立ったのだと実感しました。
ただ、本当の勝負はこれからですし、
頑張らなければいけないとも思いました。

挨拶の場で、今年の選手の中では
一番の評価だったとの言葉をいただき、
うれしかったです。

ライオンズからは早々に
1位指名を公言していただいて、
身震いしました。

ドラフト当日は、
きっとライオンズの単独指名だろうな、
と思って臨んでいましたので、
指名の重複には驚きました。

でもライオンズの単独指名をイメージしていたので、
実際にライオンズがくじを当ててくださった瞬間は
本当にうれしかったです。

1年目の目標としては、
1年間先発ローテーションに入って、
できれば10勝したいです。
そのためには今の自分では実力が足りないと思うので、
しっかり練習していきます。

そしていずれは日本代表として
日の丸を背負って戦ってみたいです。

今後は、球団から信頼される選手に、
そして、一社会人として信頼される人間になりたいです。

これまで自分を支えてくださった
すべての方々の期待に応えられるよう頑張ります。

【動画】ドラフト会議2021まとめ!支配下から育成までチェック

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加