ポイントガード入れ替えで戦力アップの愛媛オレンジバイキングス、プレーオフ進出も見えた!?

ポイントガード入れ替えで戦力アップの愛媛オレンジバイキングス、プレーオフ進出も見えた!?

  • バスケット・カウント
  • 更新日:2022/09/23
No image

文=ズッボン 写真=B.LEAGUE

B2で唯一外国籍3選手が継続で、スタートダッシュを目指す

昨シーズン終盤に追い上げを見せプレーオフ進出まで、あと一歩だった愛媛オレンジバイキングス。開幕直後の連敗がプレーオフ争いに響いた印象があるので、今シーズンはスタートダッシュに期待したい。上位チーム相手にも十分に競争力を保っていた外国籍3選手は全員継続。これはB2クラブで唯一であり、チームの完成度や成熟度という点においてはアドバンテージとなるだろう。一方、ここ数シーズンは愛媛の顔と言えるほど正ポイントガードに定着していた俊野達彦が横浜エクセレンスに移籍。山本柊輔、坂井耀平もそれぞれ移籍となり、ポイントガード陣の刷新が行われた。注目は熊本ヴォルターズから加入の古野拓巳。B2有数のポイントガードのカムバックに期待したい。そして、山形ワイヴァンズで正ポイントガードだった河野誠司、ルーキーの平良陽汰とバランス良くロスターを揃えてきた。バックコートからのディフェンスがハマれば、安定して勝ち星を重ねていける。今シーズンはプレーオフ進出を狙えるロスターが揃った。

No image
No image

昨シーズンは強力な外国籍選手ゆえに、ペイントでの得点が多いチームだったが古野、河野といった確率良く3ポイントシュートを決める選手が入ったため、インサイド一辺倒のオフェンスからの脱却を図りたい。リバウンドやインサイドのディフェンスは今シーズンも期待できるので、攻守に渡りアウトサイドでも勝負できる力を見せることが鍵となりそうだ。

所属選手一覧

No image

注目選手

No image

俊野佳彦
今シーズンは、唯一の地元出身選手としてファンからの期待を背負う俊野。同ポジションの城宝匡史が退団したため、得点源として昨シーズン以上の役割を担うことになるだろう。得意の3ポイントシュートはもちろんのこと、外国籍選手とのピックプレーで見せるドライブにも注目。

No image

古野拓巳
シーズン終盤のケガに泣かされ、不完全燃焼で熊本を去ることになった古野が新天地に選んだのは愛媛。2019-20シーズンは広島ドラゴンフライズでB1昇格に貢献したものの、ここ2シーズンは本来の実力を発揮できていない。心機一転、チームを勝たせる司令塔としてのカムバックを期待したい。

No image

ライアン・クリーナー
日本で実績十分なユージーン・フェルプス、アンドリュー・フィッツジェラルドとコンビを組んだ日本での初めてのシーズンで、クリーナーは存在感をしっかり示した。スタッツに表れないクリーナーの献身的なスクーンやリムランのおかげで他の選手が生きてくる。縁の下の力持ちとしての活躍に注目。

バスケット・カウント編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加