好きな人とLINEを続ける「極秘テクニック」5つ

好きな人とLINEを続ける「極秘テクニック」5つ

  • マイナビウーマン
  • 更新日:2020/10/18

好きな男性とのLINEはできるだけ長く続いてほしいもの。長続きせず、好きな人から「既読スルー」や「未読スルー」をされて終わってしまうのは切ないです。そんな悩める女性たちに、今回は「好きな男性とLINEを続ける極秘テクニック」をご紹介! 社会人女性のみなさんに、好きな男性とLINEを続けるためにしているテクニックについて具体的に聞いてみました!

No image

■(1)共通の趣味について話す

・「共通の趣味の話題を積極的に話すようにする。それが次のデートにつながる場合もあるかもしれないので」(29歳/金融・証券/事務系専門職)

・「共通の趣味もしくは好きなものがあればその話をする→そこから会う約束につなげてそれまで連絡とる」(25歳/その他/事務系専門職)

共通の趣味を話題にしてみるとLINEが長続きするようです。お互い好きなものが一致しているので会話も弾みやすいですし、次のデートを取りつけるチャンスがたくさん出てきますよね。

■(2)相手が返信しやすい時間帯を見計らう

・「相手がLINEを見られる時間帯を考える(忙しいときにスマートフォンが鳴ったらいらいらするから)」(23歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「相手が返信をする時間を見極める、夜何時とか」(32歳/金融・証券/営業職)

誰でも忙しいときにLINEは返しづらいですよね。たとえば仕事終わりや夜寝る前など、相手の仕事や生活に合わせてみるといいかもしれません。返しやすい時間を見計らってLINEをすると、返信も返ってきやすいですよね。

■(3)すぐに返信を返さない

・「すぐに返信したり、1.2時間をあけたりするなど返信のタイミングを変えること」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「すぐに既読をつけずにしばらく置いてから返事する」(27歳/その他/販売職・サービス系)

すぐに既読をつけて返信してしまうと、「ずっと携帯に張りついているのか」と少し引かれてしまうかもしれません。ときには時間をあけて、返信するタイミングに緩急をつけてみると相手も飽きずに続けてくれるのではないでしょうか。

■(4)最後は質問形式でLINEを終わらせる

・「質問形式でLINEを続けることで、できるだけLINEが続くと思う」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「質問をすること。そしていい感じのところで寝て、続きは明日というような感じにする」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

やはり質問形式で送ったLINEには返信がきやすいですよね。しかし、質問攻めしすぎると相手が疲弊してしまいます。適度に質問することを心がけたいですね。

■(5)会ったときの会話をLINEに盛り込む

・「会って会話していたきのに出た話題に触れる。会話の内容を覚えている、興味を持ったと思ってもらえるから」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

・「前に会ったときに話したことに絡んだ話題」(25歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

以前直接会ったときの会話をLINEの話題にしてみましょう。ちょっとした会話でも覚えておくと、「覚えていてくれたんだ」と相手の好感度も上がりますよね。次に直接会ったときがより楽しみになるのではないでしょうか。

■まとめ

今回は「好きな男性とLINEを続ける極秘テクニック」をご紹介しました。たくさんのテクニックをご紹介しましたが、なんでもやりすぎはNG。テクニックを小出しにしながら駆使することによって、好きな人とたくさんLINEができますように!。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ調査日時:2019年3月7日~3月11日調査人数:390人(22~34歳の働く女性)

マイナビウーマン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加