新型コロナ全数把握の見直しで何が変わる どうなる医療現場は... 富山

新型コロナ全数把握の見直しで何が変わる どうなる医療現場は... 富山

  • チューリップテレビ
  • 更新日:2022/09/22

富山県は21日、新型コロナ感染者の全数把握を見直し、26日から簡略化することを発表しました。なにがどう変わるのか…。医療現場を取材しました。

新田知事(会見):
「9月26日から新型コロナの陽性者について医療機関からの発生届の対象者が重症化リスクのある方に限定されます」

感染者の全数把握が今月26日から全国一律で簡略化されるのにあわせ、県もこれに倣うことが発表されました。

県はこれまで、すべての感染者を対象に発生届の提出を求めていましたが、今月26日以降は対象の患者が限定されます。

発生届の対象となるのは(1)65歳以上の人(2)入院が必要と診断された人(3)重症化リスクがあり治療薬の投与または新たに酸素投与が必要と判断された人(4)妊婦の4つに限定されます。

これらについては、これまで通り厚生センターや保健所が発生届を受理し感染者へ連絡。入院先などを調整し、健康観察を行います。

一方、今回の見直しで対象外となる軽症者などは発生届の対象からはずれ、医療機関で配られる「療養の案内」をもとに自宅療養を続けることになります。

また、検査キットや無料検査で陽性と判明した人は、県のHPにアクセスし、陽性者登録センターから申請する必要があります。

いずれも、これまで通り、原則7日間の外出自粛が求められることは変わりません。

富山県はこうした感染者に対しては健康や症状に不安がある場合に相談できる電話窓口「健康フォローアップセンター」を開設。医師と看護師が休日も含めた24時間体制でフォローアップを行います。

一方、医療機関は年代別の情報のみを県に報告。これまであった市町村ごとの感染者や自宅療養の人数などは今後、発表されなくなります。

富山市西部の中核病院富山西総合病院。こちらでは新型コロナ感染の疑いで訪れる患者は第7波のピーク時で1日100人ほど。陽性と診断された患者については事務員最大2人態勢で多いときで1日に70件ほどの入力作業に追われていたということです。

全数把握が見直されれば入力作業がこれまでの2割程度に短縮されると見込んでいます。

富山西総合病院 感染対策室 三浦正義室長:
「いろいろとたくさん記入して、その負担が診療以外に多かったことが一番大きい、西総合病院でもそうですけど、事務の方が結構やっていただいているので助かるんですけども」

一方、地域医療を支えるまちの小児科。ここでは発生届の入力は診断した医師が直接行っています。

八木小児科 八木信一医師:
「人数が多い場合にそれだけ時間をつかう、ほかの診療を制限せざるを得ない状況があった」

病院では、これまで患者1人あたり診療におよそ10分、発生届の入力におよそ5分の時間を要していましたが、全数把握が見直されると、報告の対象となる患者は1割程度にまで減少するといいます。

八木小児科 八木信一医師:
「」
コロナ禍が長期化する中、全数把握の見直しが医療現場の負担軽減につながり、コロナをはじめとするさまざまな病気への対応が可能となった、充実した医療へと戻れるのか、期待されます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加