柳ゆり菜が“最後の写真集”出版を決めた理由「いろんな決意をした時だからこそ、今の自分をここに残しておくべきなんじゃないか」<Interview>

柳ゆり菜が“最後の写真集”出版を決めた理由「いろんな決意をした時だからこそ、今の自分をここに残しておくべきなんじゃないか」<Interview>

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2021/11/25
No image

柳ゆり菜  撮影=小谷修司

11月26日(金)に柳ゆり菜の3rd写真集「女っぷり」が扶桑社より発売される。映画「無頼」(2020年)にヒロイン役で出演し、ドラマ「ゆるキャン△」シリーズ(2020年ほかテレビ東京系)に出演するなど、女優として活躍の幅を広げる柳。そんな柳が今作について、立ち上げの会議から参加したという制作のことや、これを最後の写真集と決めた理由を語った。

【写真を見る】自身3冊目の写真集を“最後の写真集”と決めた理由を語った柳

責任感が芽生えたっていう感覚があります(柳)

――まずは、今作のタイトルを「女っぷり」に決めた理由からお伺いしたいと思います。

最初に、なんか平仮名がいいなって思ったんですよ。私の名前も“ゆり”が平仮名で“菜”が漢字ですし、平仮名ってトゲトゲしくないというか、親近感が湧くようなフォルムをしてるなと思って。

そこからいろいろみんなで考える中で、平仮名+漢字の言葉って例えば何だろう?って考えていた時に「女っぷり」が出てきて。それが写真集のイメージにぴったりだったんですよ。

“女度を上げる”じゃないですけど、そういう湿度の高い感じとか、女性が見ても女であることを楽しめるようなファッションだったりも取り入れてるから、すごくしっくりくるタイトルだなと思って「『女っぷり』どうですか?」って提案して決まりました。

――今回の写真集は最初の打ち合わせから参加されたということですが、どういうところからお話を進めていったんでしょうか。

まず、フランス映画が大好きだからその要素は取り入れたいというのは言いました。だから、表紙のお風呂のシーンは、見る人が見たら分かるっていうくらいで全然分からないと思うんですけど(笑)、私の大好きな「エヴァの匂い」(1962年)っていうフランス映画をちょっとオマージュしています。

あとは、ちょっとドラマチックな感じにしたいよねって邦画の要素を入れてみたりとか、狭い小っちゃいキッチンでちょっと汗をかいているみたいなシチュエーションを作ったらどうだろうとか、そういうところから始まりました。

――企画の会議から参加して、勉強になったなと思うことはありましたか?

いっぱいありましたよ。自分の好き嫌いだけじゃダメとか、このためにはこうした方がいいけどここは譲れないとか、そういうことがあるじゃないですか。私の感覚だけではいけないので人の意見を聞いたりして、思っていたより複雑で難しいんだなって思いましたね。

いろんなことを考えながら作り上げていくという作業は結構大変でしたけど、でもすごく楽しくて、責任感が芽生えたっていう感覚があります。自分でできたっていうのは大きかったなって思います。

そうやって頑張って作り上げたものだからこそ、発表するときも余計にドキドキしましたし、みんなが喜んでくれるのかな?っていう気持ちより心配が勝っていたというか。

映画も、監督とかスタッフさんが何年もかけてやっとその1本の映画を撮るわけだからって思うと、本当に我が子のようなんだろうなっていうのは、私もこの写真集が我が子のようなので(笑)、ほんのちょっとですけど、その気持ちはちょっと分かるようになりました。

試行錯誤もありながら、現場でのアイデアも大切に行われた撮影

――先ほどの狭いキッチンというのは、情報解禁時に公開されたクマの縫いぐるみと写っているカットですよね。あれは何でクマの縫いぐるみを使おうと思ったんですか。

あそこのキッチンはすごく狭くて、光の入り方が暗めだったので、撮るのが結構難しかったんですよ。ストロボを炊くとカッコ良くなっちゃって。ここはフランス映画とは対極で、ちょっと湿度のある感じにしたかったので、フラッシュなしで撮ったり、いろいろやってたんです。

そのなかで「どっちの要素も混ぜたら面白いかも」「もっとカオスでもいいかも」って話になって、他の衣装用に用意してたクマの縫いぐるみの使わなかった方をちょっと下に敷いてみようって (笑)。

そういう遊び心から生まれたカットなんですけど、見てみたら意外と良くて、キッチンにクマの縫いぐるみって普通はおかしいんですけど(笑)、でも何かまとまっている感じがあって、画として面白いなって思いましたね。

――水着がレオパード柄にも見えたので、“弱肉強食”みたいなコンセプトがあるのかな?と思ってました(笑)。

ハート柄なんですけど、そういう柄に見えますよね。でも、“強い女の子”じゃないですけど、1人で生きていけそうな女の子をイメージしてたので、その見方は割と合ってるかもしれないです(笑)。

――あと、インパクトが大きかったのはワイヤーとビーズみたいなものを身にまとった写真だったんですが…あれは服なんでしょうか?(笑)

あれはネックレスなんです。(プロデュースを務めた『Numero TOKYO』編集長の田中杏子氏が)何か面白いの持ってきてくれてると思ったら、「これだけとかいいんじゃない?」って(笑)。

それでそのネックレスだけを着けて、その上にジャケットを着たカットもあるんですけど、ジャケットを脱いで手ブラで、すっごく変わったネックレスを着けてたらカッコ良いかもしれないってなって、それで決めましたね。

――セクシーなカットが多い分、序盤に出てくるゴルフウエアが印象的でもあります。

実はあれがファーストカットなんですよ。あれからいろいろ様子を見ながら撮影していきました。車の中というちょっと小さな空間でゴルフウエアを着ている女の子はかわいいんじゃないかということで入れていたんですけど、でも撮影を進めていくにつれて、あれを入れるところがないんじゃないかって雰囲気が出てきて。

みんな「いらないんじゃない?」とか言ってたので撮り終わってからすごく不安だったんですけど、入れてみたら結果的に「何かいいね」みたいな。ちょっと他とは異質ですよね。というか他が異質なんですけど、逆にあれが異質に見えるっていう不思議な感じになりました(笑)。

今の自分をここに残しておくべきなんじゃないかなって思ったんですよね(柳)

――柳さんが書いたデジタルアートも2点収められていますが、これはどういうテーマで描き始めたんでしょうか。

デジタルアートは趣味でやっていたんですけど、ちょっと露出があるような絵を私が自分で描いたら面白いんじゃないかって話が出て、自分で自分を描くってことをしたことがなかったので、今回挑戦してみることにしました。

自分のある写真を模写して描いたんですけど、せっかくならちょっとポップに描きたいなと思ったので色味とかを変えていきました。

――普段はどんな絵を描いていたんですか?

普段は好きな女優さんとか海外の女の子の写真を模写をして、そこから自分でアレンジしてって感じです。インスピレーションをそこから受けてって感じで。女の子しか描かないです。

――じゃあある意味描き慣れている絵ではあったんですね。

そうなんですけど、自分の顔を描くのってめっちゃ嫌なんですよ。なんか、現実を突きつけられる気がして、嫌になりました(笑)。

――今作が最後の写真集と決められたようですが、そう決めた理由は?

そうですね…いや、もうないかなーって。3回も出させてもらえて、この先自分が映像とか被写体の仕事をしていったとしても、私だけがずっと並んでる写真集みたいなものはもうここで最後のつもりで、出し切って終わろうかなって思いました。(所属事務所を移籍した)区切りとしてもそうだし、スタートという意味でも。

ファンの方からも、すごくうれしいって声と同時に、このタイミングで出そうと思ったのは何でなんだろう?みたいな疑問の声も一緒にあったりしたんですけど、今年は本当に私にとっては何年経っても忘れられない年で、いろんな決意をした時だからこそ、今の自分をここに残しておくべきなんじゃないかなって思ったんですよね。

だからこのタイミングで皆さんに、今の自分をちゃんと詰め込んで、何年経ってもこの写真集を見返したときに永久保存版だって思ってもらえるような良いものにしたいと思って頑張って作りました。多くの方に手に取っていただいて、大切にしていただけたらとてもうれしいです。

こんなこと言ってて、めっちゃいい出会いがあったら出すことがあるかもしれないですけど、多分それはないかなと自分の中では思っています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加