”人気”観光列車「36ぷらす3」1周年イベント

”人気”観光列車「36ぷらす3」1周年イベント

  • KBC九州朝日放送
  • 更新日:2021/10/14

JR九州の観光列車「36ぷらす3」が運行開始1周年を迎えるのを前に、JR博多駅で、14日午前、記念イベントが開かれました。

10月16日で運行開始から1周年を迎える「36ぷらす3」の記念イベントには、多くの鉄道ファンらが集まりました。

1日駅長を務めたのは、福井作くん・8歳、名前を数字で表すと「サンキュー」が入っているんです。緊張しながらも出発を宣言します。

大役を立派に務めた福井作くん、「最初はドキドキしたけど駅長さんと手が挙げられて楽しかった」と、話していました。

JR九州によりますと、10月11日までの「36ぷらす3」の乗客数は約1万3千人で、コロナ禍においても乗車率は5割ほどと高く、人気列車だということです。

JR九州は今後も、九州の魅力を詰め込んだ愛される列車にしていきたいと話しています。

KBC九州朝日放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加