鎌倉市殺害事件 伯父の死因は出血性ショック

鎌倉市殺害事件 伯父の死因は出血性ショック

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/11/25
No image

動画を見る(元記事へ)

男性の死因は刺されたことによる出血性ショックでした。

無職の奥井剛容疑者(46)は22日、神奈川県鎌倉市の住宅で同居する伯父の奥村直司さん(78)の腹を刃物のようなもので刺し、殺害した疑いが持たれています。

警察は24日に司法解剖を行い、刺されたことによる出血性ショックが死因だと発表しました。

奥井容疑者は事件の翌日に出頭しましたが、捜査関係者への取材で、出頭の理由について「寒かった」などと話していることが分かりました。

動機については、まだ供述していないということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加