ゼニトなどロシア複数クラブがスポーツ仲裁裁判所に異議申立て

ゼニトなどロシア複数クラブがスポーツ仲裁裁判所に異議申立て

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/05/14
No image

ロシア・プレミアリーグ(1部)のゼニトは13日、欧州サッカー連盟(UEFA)が決定したロシアのクラブに対する2022-23シーズンの欧州大会出場停止処分について、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴したことを発表した。

クラブは声明で「ゼニトはUEFAの規約で定められている相互尊重、相互理解、フェアプレーの精神に基づき、政治的、宗教的、人種的、その他の理由によるいかなる差別も排除してきた」と主張。「ゼニトをはじめ、ディナモ・モスクワソチCSKAモスクワは、UEFAの措置に対して共通の立場を取り、スポーツ仲裁裁判所への訴えの迅速な審査を要求している」と表明した。

UEFAは今年2月、ロシアのウクライナ侵攻を受け、国際サッカー連盟(FIFA)とともに当面の間、同国代表とクラブチームの主催大会への出場を禁じる措置を発表。今月には来季も参加を認めないとする追加制裁を科していた。

●チャンピオンズリーグ(CL)21-22特集

●ヨーロッパリーグ(EL)21-22特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加