Adobe、Creative Cloudをアップデート。CPU使用率のバグを修正

Adobe、Creative Cloudをアップデート。CPU使用率のバグを修正

  • iPhone Mania
  • 更新日:2021/01/14
No image

AdobeはCreative Cloudアプリのアップデートを行い、macOS Big Surにアップグレードした後、一部のMacユーザーに見られた深刻なバグを修正しました。

macOS BigSurで異常に高いCPU使用率を引き起こす問題を修正

一部のMacユーザー(16インチMacBook Proのユーザーが多いようです)に、MacOS Big Surにアップブレードした後、CPU負荷がほぼ100%となり、ファンが最大速度で動作するという問題が発生していました。

アクティブモニターが示すところによると、「CCXProcess」と「CCLibrary」のバックグラウンドプロセスに原因があったようです。

Adobeはこの問題を検証し、現地時間1月12日にアップデートを行いバグを修正しました。同社の従業員によると、CCXProcess4.1.3が、Creative Cloudのバグ修正を含むアップデートであるとのことです。

お使いのMacがアップデートされているかどうかを確認するには、Creative Cloudアプリを開き、メニューバーの「Creative Cloud」をクリックし、「About Creative Cloud」を開いてください。

Source:Adobe Support Communityvia9to5Mac
(m7000)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加