【ヴィクトリアM】(18)テルツェット 坂路で抜群時計、和田正師「ある程度の位置で競馬してほしい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/05/14

テルツェットは坂路で4F58秒4~1F13秒6。レーンが騎乗した11日の追い切りがWコース5F72秒5とセーブした内容だったが、レース2日前は群を抜いた時計を計時した。和田正師は「馬にストレスかけずに平均的にサッと流した」と説明。先週NHKマイルCでダノンスコーピオンが勝った8枠18番の大外枠には「ある程度の位置を取って競馬をしてほしい。うまくいってくれれば」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加